カレンダー
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
プロフィール
リンク
お天気
携帯URL
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ご飯の会開催しました!

本日、若草ご飯の会を開催しました。参加して下さった方は少な目でしたが、皆さん和気あいあいと楽しそうでした、メニューは、夏に必ずご紹介する一押しの簡単レシピです。このレシピが出てくると、ああ、夏が来るな!という感じになる、季節を感じるメニューです。では、ご紹介していきます!

・焼き夏野菜の味噌和え丼・味噌風味の冷たい豆乳スープ・揚げなすサラダ・タンポポコーヒーゼリーです。焼き夏野菜の丼は、まず、野菜をフライパンで蒸して、その後、水分を飛ばして、オリーブオイルで焼き付けます。少し焦げ目がついた方がおいしそうに仕上がります。・味噌風味の冷たい豆乳スープは、きゅうりミョウガをみじん切りにして、だしと味噌を煮立たせます。火を止めて豆乳を入れて、冷蔵庫で冷やします。冷や汁風の汁ものですが、冷や汁ほど冷えないので体には安心です。・揚げなすサラダは、にんにく、ショウガ、味噌、オリーブ油、醤油、甜菜糖のドレッシングに焼いたなすと生のきゅうりとトマトを入れれば出来上がりの、簡単、こってりした、味噌の濃厚な味のサラダです。野菜が苦手のお子さんももりもり食べる1品です。タンポポコーヒーゼリーは濃い目に入れたタンポポコーヒーを棒寒天と、くず粉で固めたものです。豆乳とメープルシロップでさっぱり食べます。夏本番を迎えますが、さっぱりしていますが、味噌、醤油を使った発酵メニューで厚さを乗り切っていきたいですね!次回は9月開催の予定です。皆様のご参加、お待ちしております。

 

年齢や、月齢が近い子どもさんたちと和気あいあいとお話ししてお食事していました

 

おいしそ〜〜です。冷えやすい夏野菜も発酵食品と合わせて安心して食べられます。

 


投稿者: おたんこ助産婦 | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |-
玄米酵素カフェ開催しました

玄米酵素カフェ開催しました。スタッフとほか、参加してくださり、また学生さんも一緒の参加でした。まずは、最近のトピックという事で、お子さんにサプリメントをあげているお母さんは8%という記事。しかしその内容は皆さんご存知ないようです。そのほか、砂糖が入った飲料についてなどにもお話がありました。1日に摂取可能な砂糖の量は、体重の1/2だそうです、体重50キロの方の場合は、約25g。砂糖の入った清涼飲料水は大抵、1本20g以上は入っていて、1日の量にすでに匹敵する量でした。こんなんじゃ糖尿病も増えるよね、というスタッフのつぶやき・・・小さい時からこのような飲み物のさらされていたら、本当に大変なことになるな。。。という危機感を覚えました。玄米酵素の臼井さんから説明が終わったら、今度は助産院で血液データが上がった症例をご紹介しました。玄米酵素のセレクトがいのかどうかいろいろアドバイスを頂きました。玄米酵素の大豆の使い方や、食べてみた後の感想等も参加してくださった方と話し合い、とても有意義な時間になりました。

 

 

皆さん興味深くお話しに質問していました

 

砂糖って結構とってしまうんだな。という説明図

 

 

午後は、助産院で行っている自然療法について。

実際に手をあてて、骨盤調整をしてみます。催眠誘導もやってみて深いリラックスが短時間でどのような体の変化を起こさせるのか、体験してみました。受けている方は、スッキリしました!!!との事。短時間のお手当でしたが、気持ちよくリラックスできたようです(^^)/

 

 

最後に学生さんが書いてくれた感想には、「気」は、本当にあるかわからない不確実なものというイメージがありましたが、手を触れて、気を感じる事で本当にあるのだという衝撃を受けた。と書かれていました。また、よくわからないからと敬遠するのではなく、他の研究などから様々な療法の情報を取り入れ、実践することで相手を多角的にアセスメントできるようになると思った。という感想でした。エネルギーワークのいいところはそこですね。多角的に対象を見るいいツールになると思います。それが分かっただけでも良かったです。わりに簡単に催眠状態になれたので私もやりやすかったです。

 

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |-
おしゃべりカフェ開催しました!

今日も暑い日となりましたが汗、なのはな生協さんとのコラボ企画である「おしゃべりカフェ」を開催しました!

 

お楽しみのランチが出来上がるまでは、参加者のみんなでおしゃべりタイム♪

 

今日話題にのぼったのは…

・アレルギーについて

・学校給食やルームのおやつに関すること

・予防接種をすべきかどうか

などでした。

アレルギーについては、食養指導士でもある理事長が「腸内環境が悪化しているために色々なものに反応してしまうケースもある。腸内環境を改善することが大切で、日本人なら和食、というように体に合った食生活をすることでアレルギーも改善していく。」とお話しました。

 

今回はご夫婦でご参加くださった方がいらっしゃったのですが、ご主人は育休中の“イクメン”パパ!

そのパパの、「それまで(育休を取る前)も手伝ってはいたが、毎日毎日となると本当に大変だと実感しました。家事は労働だな、と思いました。」との言葉に、ママ一同胸のすく思いで、「録音して夫に聞かせたい!」と大盛り上がり!

またその方は「育児休暇を取って上の子たちの相手をする時間が持てたのが良かった。価値観が少し変わった気がします。」ともおっしゃっていました。もちろん、パパたちもお仕事をがんばっていて、現実的には育休を取るのは難しい人が多いと思いますが、普段から少しでもママの負担を気遣ってくれたり、お子さんとのふれあいの時間を大切にしてもらえると、家族の絆も深まるのではないかな、と思いました。

 

さて、そんなこんなでおしゃべりをしている間、台所ではお食事の準備が着々と進行していきます…

(盛り付けをしてくださっているなのはな生協の鈴木さん)

 

完成です!

今日のメニューは

・シーフードピラフ

・とりもも肉のグリル焼き

・ソーセージ

・かぼちゃとクリームチーズのサラダ

・蒸し野菜

・青菜の卵スープ

・水ようかん

でした!

 

食材は全て、なのはな生協さんのこだわりの食材・調味料で作った贅沢なランチです!

お野菜は無農薬や減農薬のもので、加工品も、不要な食品添加物(合成保存料や酸化防止剤、アミノ酸や着色料など)は使われていません。鶏肉そのものも、市販の鶏肉とは違って、抗生物質不使用で非遺伝子組み換え飼料を食べて健康に育てられているため、嫌な臭みがなく美味しいんです!

 

 

400

今日の食材とレシピの説明をしてくださっているなのはな生協の野澤さん。

商品の知識が深く、様々な活用法もご存知なので、私たちも毎回レシピを楽しみにしています♪

 

どれも本当に美味しかったのですが、参加者の皆さんに特に好評だったのはシーフードピラフとかぼちゃのサラダでした。サラダに使用したのは冷凍かぼちゃなので、忙しいママも時短で作れますよ!

 

お子さまも美味しそうに食べてくれていましたスマイル

 

楽しくおしゃべりをして、こだわりの食材でできたランチがいただける「おしゃべりカフェ」。

今回も美味しい楽しいひと時を過ごしていただけたようです。

暑い中ご参加くださった皆さん、いつも素敵なランチを用意してくださるなのはな生協の野澤さん、鈴木さん、本当にありがとうございました!

 

次回開催は、9月25日(火)の予定です。(詳細は決まり次第、ブログにアップします)

まだ参加されたことがない方、ぜひ一度いらっしゃいませんか?

もちろん、リピーターさんも大歓迎です!

皆様のご参加、お待ちしております赤ちゃん

 

 

投稿者: andou | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |-
離乳食講座開催しました!

今日は、離乳食講座を開催しました!

参加者は6名でした。

 

最初は講義です。

小林助産師から

「母乳育児と補間食の実際」

「母乳育児をしながらの離乳食の進め方」

ということで、始める時期、進め方、離乳食の完了の時期、などについての話がありました。

 

次に、食養指導士である理事長から

「幼少期の子どもの食事で気を付けたいこと」ということで、

・日本人の体質に合っている、和食を基本とすること

・アレルギーを引き起こさす可能性のあるタンパク質の摂り過ぎに注意する

・飲み物に関しては、砂糖がたくさん入っている清涼飲料水ではなく、水や麦茶など甘味やカロリーのないものにする

等、気をつけるべき点について説明がありました。

 

講義の後は場所を移動して、試食タイムです!

実際に炊いたお粥を試食していただきました。

 

白米に雑穀米を加え、出汁で炊いたもの。

 

トッピングを色々ご用意しました

(鰹節、青のり、ちりめん、納豆、小エビ、青のり、木綿豆腐など)

 

こちらは、切り干し大根、ひじき、高野豆腐の煮物。

これを白粥と一緒にミキサーにかけドロドロにします。

この他に、白米と雑穀にじゃがいもを加えて出汁で炊いたお粥もご用意しました。

 

まずはレトルトの白粥をそのまま試食していただき、次にトッピングをして味の変化を感じていただきます。

さらに、出汁で炊いたお粥やじゃがいもを一緒に炊いたお粥、煮物と一緒にミキサーにかけドロドロにしたお粥、など、様々な種類を試食していただきました。

 

赤ちゃんがパクリ。

普段はお粥を口から出してしまってあまり食べてくれないという赤ちゃんも、今日のお粥は食べてくれたようで、ママも嬉しそうでした。

 

お姉ちゃんもパクリ。

お出汁で炊いたお粥は、上のお子さまにも好評でしたスマイル

 

講義でも様々な情報もお伝えしましたが、参加者の方の実際の関心はやはり、犧遒衒瓩鉢牴燭鬚匹譴世韻△欧燭蕕いい瓩世辰燭茲Δ任后小林助産師が、味付けをする前の煮物やお味噌汁の具を取り出してあげたり、大人用に作った煮物をおかゆと一緒にミキサーにかけたりすることで、忙しいママでもできるだけ簡単に無理なく離乳食を用意できることをお話ししました。

 

参加者の方からは、「上の子の時は一所懸命作っていたけど、簡単にできることが分かり、参加してよかったです。」などのご感想をいただきました。

ご参加くださった皆さん、ありがとうございました!

 

次回の離乳食講座は、秋頃に開催予定です。

詳細は決まり次第お知らせいたします。

 

 

 

 

 

投稿者: andou | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |-
産前産後支援者ネットワーク千葉 話し合い報告です!

18日、産前産後支援者ネットワーク・千葉の話し合いが行われました。参加者は4名でしたが、いつもながら内容の濃い話し合いになりました(^^)//ご報告です!

 

1.産前産後支援拠点について

旅館を見に行きましたが、メリットとデメリット考えると、やはり拠点となる場所を作るのがいいのではないか。という話になりました。そちらの方がもちろん、いいですよね。これから作り始めるのでなく、跡地利用も考えて事業計画を立てていくことにしました。

勿論、ホテルや、旅館でやりたい場所があればそれはそれで広がりは大きいので、2つの路線でも考えられたらいいのではないかと考えました。

 

2.千葉市エンゼルヘルパー事業について

とても良い制度ですが、参加事業所は多いにもかかわらず、ダントツで2社が請け負っている点、どのようなヘルパーが来るのか情報が少ない点、再委託は基本的禁止ですが、千葉市が認める場合には再委託可能という点も気になります。利用者、事業所など皆さんの意見をまとめて、いい制度になるよう訴えていきます!

 

3.千葉市産後ケア事業についてのアンケート調査について

おこなわれるようです。利用しなかった方と利用した方両方への調査だそうです。何を聞いたらいいのか、アンケート内容について産前産後支援者ネットでも意見を出していきます。

 

以上が先日話し合われた内容です。このほかにも県のお産児事情について勉強会なども開催を予定しております。また告知いたしますのでご興味のある方は、ぜひご参加ください。お待ちしております(^^)/

 

次回話し合い日程

7月13日(金)午後1時〜 7月は午後1時からの開催になります。お気を付けください(^^)/

内容1.産前産後支援拠点について 2.千葉市エンゼルヘルパー事業について 3.お産事情勉強会について

になります。申込 wakakusa@osan-kojo.com 皆様のご参加お待ちしております!

 

 

 

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ご飯の会6月開催しました!

6月12日(火)、恒例のご飯の会を開催しました!

 

 

講師の美香さんのデモンストレーションです。

今回のメインのカレーは、カレールーを使わずに作りますよ〜。

 

 

美味しそうに煮えた小豆かぼちゃ。

小豆かぼちゃは、むくみや冷えを改善してくれるなど、女性に嬉しい効果がありますスマイル

 

 

完成ですきらきら

 

今回のメニューは

・大豆と豆腐のドライカレー

・即席ピクルス

・夏野菜のサラダ

・小豆かぼちゃ

・ブルーベリーマフィン

 

「大豆と豆腐のドライカレー」は、カレールーを使わずに作りました!玉ねぎやすりおろしたリンゴの甘味があるので、お子様でも食べられる優しい味のカレーです。

「即席ピクルス」さっぱりとして、箸休めにピッタリです。

「夏野菜のサラダ」は、シメジとトマトを炒めてからレタスなどと合わせます。暑いからといって生野菜ばかり食べていると体が冷えてしまいますし、炒めることでコクも加わり美味しくなります!

「小豆かぼちゃ」の味付けは、塩のみ!ですが、かぼちゃの甘味をしっかりと引き出し、お砂糖なしでも十分に甘くて美味しい!お子様もパクパク食べていましたよ〜。

 

そして、デザートの「ブルーベリーマフィン」!

お豆腐が入っているのでしっとりとした食感で食べごたえもあります。甘さも控えめでブルーベリーの爽やかな酸味と甘みが引き立ちます。手作りのお菓子は自分好みに甘さを調整できるのがいいですよね。

 

 

今回は参加者が3組と少なかったのですが、その分お子様たちも含めゆったりと過ごしていただけたようでよかったですスマイル

 

次回のご飯の会は7月10日(火)、メニューは、野菜丼、豆乳味噌スープ、甘酒プリン、他の予定です。

お肉やお魚、卵を使わない、お野菜たっぷりのヘルシーメニューをご紹介しますので、ご興味のある方はぜひご参加ください!

 

 

◇お問い合わせ&お申込み◇


下記のアドレスまたは電話番号にご連絡下さい。
お申込みの際は、参加希望の講座名、お名前、ご連絡先を教えてください。

 

事務局イベント係
event@osan-kojo.com
043-239−6216

 

ご予約お待ちしてます笑顔

投稿者: andou | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |-
第5回産後支援者研修〜赤ちゃんまるまる育児〜開催しました!

ご報告が遅くなりましたが、6月7日(木)に第5回産後支援者研修〜赤ちゃんまるまる育児〜を開催しました!

産後ドゥーラの方や保健師さん、そしてまるまる育児に興味のあるママなど、4名の皆さんにご参加いただきました。

 

 

「まるまる育児」とは何か?

今回講師を務めた小野助産師によると.......

 

赤ちゃんは胎内にいるときの背骨はCの字になっています。

大人の背骨はSの字です。

つまり赤ちゃんの背骨はCの字から徐々にSの字に変わっていきます。

この背骨が変わる時期に赤ちゃんのCの字を無理に伸ばしてしまうとキレイなSの字ができなくなってしまいます。

 

例えば平らな布団に赤ちゃんを仰向けに寝かせるとCの字が伸ばされてしまいます。しかも首が座っていない赤ちゃんを平らなところで仰向けで寝かせると向き癖ができます。向き癖ができると赤ちゃんの頭の歪みができます。頭がゆがむと首の骨や背骨がねじれ、骨盤も歪み、これらの歪みが頑固な頭痛、肩こり、腰痛などの原因になるのです。

 

まるまる育児とは赤ちゃんの背中をまるくした姿勢で育ててあげることです。

 

背中をまるくした姿勢で寝かせると赤ちゃんは落ち着いてぐっすりと眠ってくれます。しかも背骨がSの字で姿勢の良い子に育ちます。姿勢が良い子は運動神経も良く、発達も良くなるのです。

 

...............とのことです。

これはその子の一生に関わるといっても過言ではない、とても重要なことですよね!

 

今回は産後支援者研修ということで、まるまる寝床の作り方やまるまる抱っこの仕方おひな巻きのやり方について、小野助産師の実演の後、実際に参加者の皆さんにも体験していただきました。

 

まるまる寝床を作っています。

お手持ちの毛布などでも作れます!

 

まるまる抱っこの説明。

現代のお母さんは骨盤が緩んでいたり、腕がねじれているのでなかなかまるまる抱っこがやりにくいそうです。

 

おひなまきです。

こうすると、赤ちゃんが本当にぐっすり寝てくれるそうです。

若草で生まれた赤ちゃんも、おひなまきで驚くほどよく眠っていましたよ〜。

 

参加者の方からは

「とても満足できました。他のスタッフにも紹介したいと思います。」

「実践が多く、すぐ使えるのが良かった。」

など、ご好評をいただきました。

 

今回の内容は妊娠中に知りたかったというママの声がありましたので、来月7月19日(木)にママ向けのまるまる育児講座を開催予定です。詳細は決まり次第ブログにてお知らせしますね。

 

また、次回の産後支援者研修は9月開催予定です。

こちらも決まり次第お知らせいたしまので、もうしばらくお待ちください笑顔

 

 

投稿者: andou | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |-
産前産後支援者ネットワーク千葉 旅館で産後デイサービス構想!

昨日、デイサービス用に利用させていただけそうな旅館を見学に行きました。そこは日中は営業していないようなのですが、日中のお部屋貸しは、大丈夫ですという事なので、まずはお部屋見学。そして託児も行いたいので、託児のお部屋になりそうなところも見学しました。現在、ホテルで産後入院をしている方と、立ち上げ当初お手伝いさせていただいたり、また、その後もお母さんのケアをしたこともあるので、なんとなくのイメージはできるのですが、実際にお母さんと赤ちゃんがデイをご利用になった場合、どこで上のお子さんをお預かりをするのか、赤ちゃんを沐浴するスペース、また、デイのご利用者だけでなく、母乳ケアや外部からくるお母さんの体メンテナンスもその旅館の一室で行いたいので、どこのお部屋を使うか。などなど。ケア終了時お昼を食べていけるようなお部屋、また、昼食は旅館では出ないそうなのでケータリングできる場所など、いろいろ考えてきました。イメージは広がりますね(^^)//旅館の方もいい方で、夕方にお伺いしたのですが、夕飯のいい匂いがして、その場で泊まりたくなりました(^^)他にもいろいろ情報をもらったので、一番いい方法はどれか、今後、話し合っていきたいと思います。

 

和室です。

 

 

ダブルのお部屋です

 

 

お風呂です、24時間は入れる温泉もあって、いい感じでした〜〜

 

 

 

次回、産前産後ネット話し合いは6月18日10:30〜です。皆様のご参加お待ちしております!

 

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |-
母子庵開催しました

今月4日、母子庵開催しました。先月の母子庵と開催日が近かったこともあり、参加してくださった方は4名でした。プラクティショナーの参加もあり、皆さんがっつりお手当してもらっていたという感じでした(^^;)2回目の参加の方もいて、ちょっとづつお手当ての感覚が分かってきました。という嬉しいご報告も受けました。ミニ講座は、やってみよう!過去のトラウマに遠隔ヒーリングでした。お手当後に、チャクラからエネルギーがたくさん入っていき、チャクラはフル回転しているイメージ、そしてそのチャクラからオーラ体へエネルギーが流れていくイメージをして、自身が癒されたいと感じる事柄を思い浮かべ、1分間それに対して自身でヒーリングしてみました。終了後は、体がすっきりしてほんのり温まり、心地よい感じがしました。まるで通常の施術を3分の1程度終わったような効果を感じました。やはり、過去のヒーリングは大事だな。と再確認!ヒプノ講座を受講しに行くので7月の母子庵はヒプノの要素も少し取り入れた手当会にできたらと考えています。7月は17日(火)の予定です。ミニ講座は、「やってみよう!自分の過去への癒し〜後編〜」です。皆様!ぜひご参加ください(^^)//

 

さすが!骨盤のズレや、体の不調な場所を手の響きで感知して、お手当しています(*0*)

 

 

肩の凝りと、小さい時からの骨盤の痛みを良くしていました〜〜〜!!(+0+)

 

やってみようシリーズのワーク!お子さんもかわいく待っていてくれました(^^)

 

今回はプラクティショナーの凄さに驚き、これは施術会ではないのかな。。。なんて思うほど皆さん素晴らしいお手当でした。もう後ろ側のお手当てやりましょう。と私が声掛けしても、プラクティショナーは、動ぜず・・自身の感覚でやっているのだな、と私も感じて、何も言いませんでした(^^)有能な母ちゃんヒーラーと一緒に活動するのが夢だった私は、今回の母子庵は、とても嬉しく、楽しいひと時でした。来月も楽しく開催していきます。皆様のご参加お待ちしております!

 

 

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |-
「若草の会」開催しました!

6月1日(金)若草助産院でご出産された方々の同窓会「若草の会」が開催されました。久しぶりの顔もあって、皆さん和やかにお話しされていました。まずは自己紹介と最近のトピック!トピックは、離乳食や、子どもの便秘、予防接種、肌ケア、トイレトレーニングなどなど、質問や疑問などが上がり、先輩お母さんにアドバイスしてもらっていたようでした。同じ場所で出産というのは、同郷のなつかしさというような感じがあるのか、皆さんすぐに打ちとけて楽しそうにお話ししておりました。最後に、若草助産院で出産した方限定の助産院の名前の入ったボールペンをもって、みんなで写真撮影!いつも、こんなにたくさんの命が巣立ったのだと感慨深い瞬間です。みんな元気にすくすく育っていって欲しいと思います。また次回開催いたしますので、ご都合の合う方は、ぜひご参加ください!産後数年たっていても大丈夫です。今回も産後マタニティ整体を開業なさったお母さんもご挨拶に来てくれました(^^)/私たちも大変励みになりました。ありがとうございました。

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |-