カレンダー
2019年09月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
プロフィール
リンク
お天気
携帯URL
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
おしゃべりカフェ特別編、日程変更のお知らせ

9月3日開催予定だった、なのはな生協さんhttps://nanohana-coop.net/とのコラボ企画「おしゃべりカフェ〜特別編〜」ですが、都合により日程を延期し9月18日(水)に開催することになりました。

9月3日でご検討くださっていた方には大変申し訳ありません。

 

今回のおしゃべりカフェのメニューは

・五目ちらし寿司

・ささみのピカタ

・大豆とツナのトマト煮

・もやしとピーマンとじゃこのピリ辛和え

・豆腐サラダ

・デザート(アイス:久保田食品)

の予定です


講師を務めていただくのは、おしゃべりカフェでおなじみの、なのはな生協の野澤さんです!

なのはな生協の商品を知り尽くしている野澤さんが、おうちでも簡単に作れるメニューを考えてくださいました。

今回は実際に野澤さんがお料理しているところを見られるので、レシピを見ただけではわからなかったことや、料理のポイントなどもわかりますよ〜。

安心・安全な食材を使った美味しいお料理が食べたい方、「時短」料理のレシピが知りたい方、野澤さんのファンの方(!?)、ご興味のある方はどなたでもぜひご参加くださいスマイル

 

 

〇●おしゃべりカフェ〜特別編〜●〇

 

食とくらしの安全にこだわる「なのはな生協」さんとのコラボ企画。今回は場所を変え、講師のデモンストレーションを見て、その後試食をする特別編です!参加者の方は調理しませんので、お子様連れOKです!どなたでもお気軽にご参加ください!

 

■日 時:9月18日(水)10:00〜13:00頃

■場 所:千葉市松ケ丘公民館調理室

     千葉市中央区 松ヶ丘町257-2

     (若草助産院ではないのでご注意ください!)

■講 師:なのはな生協 野澤さん

■参加費:1,500円

■定 員:15名(要予約・先着順)

■持ち物:筆記用具、エプロン、三角巾・食器用布巾(各1枚)

※お子さまの分は出ませんので、必要な方は各自ご持参ください。

 

 

◇お問い合わせ&お申込み◇


下記のアドレスまたは電話番号にご連絡下さい。
お申込みの際は、参加希望の講座名、お名前、ご連絡先を教えてください。

 

事務局イベント係
event@osan-kojo.com
043-239−6216

 

ご予約お待ちしてます笑顔

 

投稿者: andou | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |-
玄米酵素と不妊症 腸内細菌は人類を救う!!

NPOお産子育て向上委員会会員で販売してい玄米酵素ですが、はい!元氣ライフという玄米酵素に関する情報が掲載されている、コミュニケーション紙が出ています。それには玄米酵素を愛用している方が特集されるのですが、今回は、大宮レディースクリニックの院長の特集がされていました。内容は、腸内細菌と不妊症の関連が分かってきた。という内容でした。不妊治療をしている方がたは、以下のような症状がみられるようです。

 

・不妊症の患者さんの場合85%にカンジダ菌の異常増殖場見られる

・ビタミンB2が顕著に不足している

 

腸内細菌がビタミンを作る事はわかっているので、ここのクリニックでは、患者さんに腸内細菌を助ける働きのある栄養補助食品を取ってもらっていて、くわえて、食事指導の一環として「玄米酵素」。これにより、昨年秋以降、凍結胚移植の1回目当たりの妊娠率が50%を超えています、通常は30〜40%くらいなのでやはり食事が大事といえるでしょう。という内容がかかれていました。

 

また、この院長は、玄米酵素の食物繊維にも注目していて、ビタミンB2、B6は、野菜を中心にした食物繊維の多い食事をとると濃度が5〜6倍に増えますが、肉食や、普通食では増えない。とも言っています。肉が多い食事だと、体調がおかしくなるのは、ビタミンB6が減ってしまい、エネルギーの産生システムが抑制されてしまうからで、つまり、食物繊維は腸内細菌の善玉菌の餌となって、善玉菌を活性化させて、ビタミン、などの有益な物質を作っている。と話しています。また、玄米酵素がなぜ不妊症の固い良い兆しをもたらすのかは、ビタミン、ミネラルが豊富だという事もありますが、ゴボウの4倍の食物繊維が含まれているためではないかと考えています。とも語っていました。玄米酵素に含まれる食物繊維と妊娠緒関係が科学的に検証されていないので、今後の研究で明らかになることを期待している。という話が掲載されていました。先日、私が不妊治療に関する研修でも食事のことが言われていて、乳製品を多く摂取すると子宮の内膜が厚くなってしまうこと、発酵食品を多くとる、オメガ3などの青魚を多くとることがよく、トランス脂肪酸を多くとっている人は妊娠率が低くなる。などのかなりはっきりしたことがいろいろわかってきているようでした。野菜中心、発酵食品を使った、和食が体にも妊娠にもいいことが分かった講座でした。

 

レディースクリニックの医師は、患者さんの血液のデータから不足している栄養素や代謝の状態を読み取り、サプリメントを使って栄養バラsン酢を整えていくのですがどんなサプリを使っても玄米酵素のような結果は出なかった。と語っています。

 

若草でも貧血の方に玄米酵素のスピルリナを食べてもらっているのですが、そうすると血液中の鉄の値は妊娠後半に低くなるのですが、MCVの値が上がる事をよく目にします。これは、どういうことかというと、赤血球が増えていることを表しています。妊娠後半は赤ちゃんへ血液を循環させるために血漿成分がおおくなるため血が薄まる形になります。末梢血管から採血する場合、数ミリリットルの採血した血液中の鉄は少ないのですが、赤血球自体は増えてる。という現象をよく見るのです。これは、私もとても不思議です。

 

少しづついろいろなことが分かり始めてきていますが、やはり、健康な体であることが大事!健康とは、たんに病気がない。というだけでなく、メンタルも含め、日々快適に過ごせる状態のことを言うのだと思います。食事の改善といってもなかなかむつかしい昨今、このようなサプリメントの活用は健康であることの一助になっていくのかもしれません。

 

興味深い記事だったので書いてみました(^^)ご興味のある方は若草助産院でサンプルも配布していますのでお気軽にお問い合わせください。お待ちしております(^0^)//

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |-
千葉市産後ケア事業で訪問に行ってきました💛

本日、千葉市産後ケア事業で訪問に行ってきました。抱き方や、まるまる育児について教えて欲しいというご要望でした。妊娠中からの腰痛などもあり、骨盤調整してきました。お手当後は、手のむくみがよくなりました。と言って頂いて私もうれしかったです(^^)まるまる育児用の布ではなかったので、まるまるにするのがむつかしかったのですが、だいたいお話しすることができました。お母さんのお体のお手当をしていると、食事の話などいろいろお話しすることができ、私も楽しい時間を過ごすことができました。産後に限らず、女性の体調不良のお手当をしています。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。お待ちしております(^^)//

産後ケア事業申込フォームです↓

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdgFJoV2yn-JsutTmBD_qWIHNccHVMgdQQRt5cC_gt1ukeh8g/viewform

 

 

 

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |-
助産院見学会のお知らせ

助産院見学会

助産院での出産を検討されている方のために、助産院の見学会を開いています。

施設を見学しながら助産院の特徴や方針、病院との連携についてなどをご説明し、参加された方の質問にお答えいたします。

※要予約 電話またはメールにてお申込み下さい。

日  時
8月 10日(土)11:30〜 12:30
場  所
若草助産院
対  象
助産院での出産を検討されている、妊娠中または今後出産予定の方とその家族
参加費
一組 500円
申込 wakakusa@osan-kojo.com  筍娃苅魁檻横横押檻苅隠娃
皆様のご参加お待ちしております!
投稿者: おたんこ助産婦 | - | comments(0) | trackbacks(0) |-
母乳育児とくる病について
くる病について
助産師  小林昌代
「くる病:乳幼児に増える母乳、日光浴不足、食事が要因」このようなタイトルの記事が毎日新聞(平成26年5月2日付)に掲載されました。私は、何年か前に母乳育児を推進している団体がくる病について報告していたことがあり、そんなことがあるのだなと聞き流していましたが、最近になってくる病の子たちが増加し始め、こんな記事が掲載された
ようでした。
またテレビでも、NHKおはよう日本のニュースで特集が組まれていてその中で千葉県こども病院の皆川真規医師は、「(以前、くる病は)学会報告などでも、非常に珍しい病態と考えられていた。ところが20年ほど前から、ぽつぽつ見られるようになり、最近は、ごくありふれた病気といっても過言ではないほど、患者さんは増えてきていると思う。」と述べています。
また同じニュース内で東京大学大学院小児医学講座の北中幸子准教授は、「母乳栄養は赤ちゃんにとって、とてもいいことだが、ビタミンDだけは、ミルクに比べ、非常に少ないと分かっている。ビタミンD欠乏性くる病になっている子どもは、ほとんどが完全母乳栄養の方に起こっている。」と述べています。
そして最後に司会者からは、「まず前提として、母乳には、たくさんいいところがありますし、紫外線も浴び過ぎはよくありません。それを踏まえた上で、母乳育児の赤ちゃんは、適度に外に出て日の光を浴びてください。離乳食の時期になったら、ビタミンDが豊富な魚や、卵などをとるように心がけてください。アレルギーがある場合は、医師や管理栄養士とよく相談してください。」とコメントがありました。
テレビで放映されていた、くる病になってしまったお子さんは3年くらいかけてビタミンD投与などの治療を行った結果完治したということでした。早くに発見できれば完治できる病気だということです。
そもそもくる病とは、どのような病気かというと、ビタミンDの不足により、カルシウムなどの沈着が悪くなって、骨が柔らかくなります。成長期の子どもに、このビタミンが不足すると、足がエックス脚や、ひどいO脚になり、低身長などをおこしてしまう病気です。
最近の子どものビタミンD不足に関して、前述の北中准教授は、関東地方の健康な子ども69人の血中ビタミンD濃度を調べた結果、およそ4割の子どもで不足していたと報告しており、健康な子であっても不足しているということがわかりました。ビタミンDは、日光に当たると体内で生成されます。また日光に当たった食物や、卵、干した魚にも含まれています。アレルギーで食事制限をしていたり、外遊びをしなくなったりしたことも原因の一つとなるのだと思いますが、個人的には食物から普通に摂取できなくなったことも大きいのではないかと思います。
日光をきちんと浴びた食物にはビタミンDが含まれていますが、最近は天日干しされた食物が少なくなってきていて、時間短縮のために、乾燥機で乾物を作るということも珍しくなくなりました。ビタミンDを多く含む魚の多くが、干魚です。食生活の変化で乾物や干魚が食卓に上がらなくなったことが、思わぬところに影響を与えてしまっていることだと考えます。また、本来の過程を経てつくられたものを摂取して初めて栄養も十分に取れるはずなのに、作る過程に問題があると乾物や和食中心の健康的な食事を目指していてもあまり意味をなさないことにもちょっと驚きを覚えました。母乳育児されている子どもにビタミンDが足りないのは明らかにお母さんの食生活です。
健康な体つくりのために食事の説明をすることがありますが、食材の選び方も話していかなくてはいけないことがわかりました。くる病の子どもの大半が母乳育児されている子どもとなると、妊娠中からの食事が大変重要になります。助産院でも詳しく説明していきたいと考えています。
投稿者: おたんこ助産婦 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |-
9月3日(火)おしゃべりカフェのメニューが決まりました!

9月3日(火)開催の「おしゃべりカフェ〜特別編〜」メニューが決まりました!

 

今回は

・五目ちらし寿司

・ささみのピカタ

・大豆のトマト煮

・もやしとピーマンとじゃこのピリ辛和え

・豆腐サラダ

・デザート(アイス)

の予定です!


講師を務めていただくのは、おしゃべりカフェでおなじみの、なのはな生協の野澤さんです!

なのはな生協の商品を知り尽くしている野澤さんが、おうちでも簡単に作れるメニューを考えてくださいました。

今回は実際に野澤さんがお料理しているところを見られるので、レシピを見ただけではわからなかったことや、料理のポイントなどもわかりますよ〜。

なかなかない機会なので、ご興味のある方はぜひお早めにお申し込みくださいね!

 

 

〇●おしゃべりカフェ〜特別編〜●〇

 

食とくらしの安全にこだわる「なのはな生協」さんとのコラボ企画。今回は場所を変え、講師のデモンストレーションを見て、その後試食をする特別編です!お子様連れOKですので、お気軽にご参加ください!

 

■日 時:9月3日(火)10:00〜13:00頃

■場所:千葉市松ケ丘公民館調理室

千葉市中央区 松ヶ丘町257-2

(若草助産院ではないのでご注意ください!)

■参加費:1,500円

■定 員:15名(要予約・先着順)

■持ち物:筆記用具、エプロン、三角巾・食器用布巾(各1枚)

※お子さまの分は出ませんので、必要な方は各自ご持参ください。

 

 

◇お問い合わせ&お申込み◇


下記のアドレスまたは電話番号にご連絡下さい。
お申込みの際は、参加希望の講座名、お名前、ご連絡先を教えてください。

 

事務局イベント係
event@osan-kojo.com
043-239−6216

 

ご予約お待ちしてます笑顔

 

投稿者: andou | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |-
母子庵開催しました

昨日、母子庵開催しました!初めて参加される方が1名でしたが、それ以外1名を除き、皆さんプラクティショナーでした。だんだん施術の腕が上がっていき、説明のそこそこに、私が何も言わずとも、皆さんお手当始めていました〜〜質問も専門ぽくなってきて、子の響きは何ですか?や、あごが響きます。第6チャクラも!なんて言葉も聞かれました。あごはマウスピース、第6チャクラはお守りを持ってらしたのでそれで響いたのでしょう・・・みんなすごいな・・・そんな敏腕プラクティショナーたちが集まったので、仙骨が高い方が膝の裏側の筋肉が張りやすいこと、腰と第1チャクラに気を入れると、ひざ裏の張りが小さくなることなどを骨盤模型を用いて説明。。。アドバンス講座のような母子庵でした。気軽にお手当できる会ですが、プラクティショナーや他の方の腕も上がってきたので、次回はプラクティショナー向けの勉強会も開催しようと思います。みなさん、レイキ好きで、もっと手当てしたい!!というご希望です。どこかできる場所はないものか。。。。考え中です。レイキマニアがもっともっと活躍で来たらいいと思います。

 

他の方も順調にお手当(^^)

 

赤ちゃんも上手に待っていました〜〜

 

次回母子庵は、9月2日月曜日です。御都合会う方はぜひおいでください(^^)//お待ちしております!

<お申込み・お問い合わせ>              

事務局イベント係                   

event@osan-kojo.com   

043-239-6216

※メールまたは電話で、参加希望のイベント名氏名ご連絡先をお教えください。

携帯やスマートフォンで[@osan-kojo.com]が受け取れるようご設定ください。

 

若草助産院 

千葉市中央区矢作町423-2(オリンピック千葉東店すぐそば

投稿者: おたんこ助産婦 | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |-
勾玉セラピーのお知らせ

❤️勾玉セラピー体験会❤️

なんと!勾玉セラピー開催です!!この料金ではなかなかセラピーは受けられません。勾玉からのメッセージを聞いてみましょう!

 

セラピスト

虹緒翔(にじおかける)さん

 

821日水曜日

10:00・10:30・11:00・11:30・12:00

 

場所*若草助産院

 

妊婦さん

産後のお母さん、育児中のお母さん

勾玉セラピーに興味ある方

子連れ参加歓迎

 

勾玉セラピーとは?

〔 勾玉セラピーとは、日本古来からある三種の神器の勾玉の力を使った、セラピーです

 勾玉セラピーには、三つの和の理念があります

 

一、自分を許し愛します。

二、先人の愛のバトンを子孫に繋ぎます。

三、地球家族を目指します。                  

 

持ち物

〔飲み物  赤ちゃんのおやつなど

 

勾玉セラピー体験

料金 3000円/30分程度 先着5名

 

申込 wakakusa@osan-kojo.com

10:00・10:30・11:00・11:30・12:00

この時間帯で希望の時間をお申込み下さい。お名前、ご連絡のつく電話番号もお書きください。皆様のご参加お待ちしております!

若草助産院 助産師 渡辺美穂・小林昌代

 

 

 

 

投稿者: おたんこ助産婦 | イベント案内 | comments(0) | trackbacks(0) |-
レイキプラクティショナーによる施術会終了しました!

本日、レイキプラクティショナーによる施術会が開催されました。告知の時間もとれず、夏休み中という事もあり、なんだか申し訳ない時期の開催でしたが、施術を受けてくださった方の手首がなんと痛みが取れました〜〜〜〜(@0@)(@0@)(@0@)(@0@)すっご〜〜〜〜いいいいいい!!!いやいや、レイキはこのようなことはあるのですが、目の当たりにするとやっぱりエネルギーワーク最高ぅぅぅぅぅぅ!!という気持ちになります。今後も定期的に開催してくれるようです。今度こそ、告知をきちんとして皆様にお疲れを癒す時間を!と考えています。またの開催をご期待ください!お待ちしております(^^)

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |-
離乳食講座開催しました!

本日、離乳食講座でした。参加してくださった方は4名でした。手足口病でお一人欠席。流行っているので、皆様お気を付けください。それでは、離乳食講座の報告です。講座内容は、まずは自己紹介。上げる量や、進め方など疑問に思っていることを言って頂きました。その後・離乳と補完食の違い・進め方・完了の時期・母乳育児と離乳食について・アレルギーについて・鉄分、カルシウムと離乳食などを説明して、実際試食。まだへ連れ医が早い赤ちゃんばかりでしたので、お母さんが試食という事でしたが、塩を3種類なめてみて、味の違いに驚き!レトルトおかゆとだし汁から米で炊いたおかゆの味の違いにさらに驚き!和食は一見地味に見えますが、だし汁や、調味料により味がとても変わります。その違いを小さい時から赤ちゃんにも知ってもらいましょう!食育の第一歩です。という事を話しました。お母さんの食生活の改善も大事です。腸内環境や免疫獲得についてもお話ししました。

 

 

 

 

塩3種類なめ比べ!

 

出汁のご説明と、試食。

お母さんがおしし〜〜い♡って食べてました(^^)

 

参加した方のご感想です。

・疑問に思っていたことがよく分かり参加してよかったです

・実際に試食もできて作るときのイメージがわきました

・本や、ネットで自己流でしたが、いろいろ質問できてよかったです

・だしがおいしかったです・昆布と鰹節でとってみようと思います

・アレルギーの子どもについての進め方、離乳食の作り方が実際に見られたので自分でも雑穀でおかゆ作って塩も元気塩で作ってみようと思います

などなど、イメージがわいたみたいです。食育の第一歩の離乳食。食事もしつけの内ですから、おいしく体に優しい物を食べれえれたらいいですね(^^)//

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |-