カレンダー
2019年06月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
プロフィール
リンク
お天気
携帯URL
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「玄米醤油麹作り体験」を開催しました!

5月28日、株式会社玄米酵素の千葉俊広さんを講師にお迎えし、蘇我コミュニテイセンターにて「玄米醤油糀作り体験」を開催しました!

 

当日は、糀(麹)のお話だけでなく、発酵食品や発酵食品に豊富に含まれる「酵素」のお話、また、食生活を改善する時のポイントなどもお話いただきました。

 

 

 

日本には、味噌、醤油、納豆、鰹節(枯れ節)、漬物、甘酒、みりん、日本酒など、ちょっと考えただけでもたくさんの発酵食品があります。これらの発酵食品に豊富に含まれる「酵素」は、人の体に数千種類(!)もあって、消化はもちろん、解毒、傷の修復、ホルモンの分泌、筋肉を動かす、などなど、私たちが生きていく上で欠かせない働きをしてくれているのだそうですひらめき

 

そんな大切な働きをしてくれる酵素がたっぷりの発酵食品の中で、今回作ったのは「玄米醤油麹」です。

「塩麹」は最近スーパーでも見かけるようになりましたが、「醤油麹」はほとんど売っていませんよね。しかも、今回使ったのはただの米麹ではなく、美容と健康に良い成分が豊富な「玄米麹」です!

 

 

作り方は本当に簡単で、麹と醤油を混ぜるだけ!

 

一日に一回かき混ぜ、常温で10日〜2週間で完成です。

(完成後は要冷蔵)

醤油麹は旨味とコクがたっぷりで、冷奴にのせてもいいし、納豆に混ぜるのもおすすめです!

ほんのちょっとの手間で酵素たっぷりの美味しい調味料ができるので、皆さんもぜひお試しくださいねスマイル

 

 

今回、千葉さんが食生活改善ポイントとしては

・主食をなるべく未精白のものに変えること

・調味料をいいものに切り替えること

が第一歩だとおっしゃっていました。

 

主食をご飯にして、週1回でもいいから玄米を食べる、または分つき米を食べる。そして、今回作った醤油麹もそうですが、添加物の入っていないもの、きちんと発酵して作られた調味料を使うこと。食事は毎日のことなので、これを変えるだけでもかなり効果があるとのことです。

私もそうですが、無理をすると続かないので汗、できることからやっていきましょう!

 

※今回材料に使った玄米糀(北海道産の無農薬玄米が原料です!)は若草助産院でも購入できますので、購入をご希望の方やご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

 

◇お問い合わせ先◇

 

事務局イベント係
event@osan-kojo.com
043-239−6216

 

 

 

投稿者: andou | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |-
コメント
コメントを書く









この記事のトラックバックURL
http://blog.osan-kojo.com/trackback/1243
トラックバック