カレンダー
2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
プロフィール
リンク
お天気
携帯URL
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
産前産後支援者ネットワーク千葉 ミーティングのご報告

平成31年2月26日(火)13時〜若草助産院で産前産後支援者ネットワーク千葉のミーティングを開催しました。内容は、

 

1.千葉市産後ケア事業連絡会議報告

ミーティングの前日に産後ケア事業所の連絡会議がありました。産後ケアサービスを受けた方と受けてない方のアンケート調査結果、訪問料金緒自己負担額の変更、話し合いに参加した感想、意見などを報告し、話し合いました。今後、産前産後支援者ネットでは、どのように活動していったらいいかを意見交換しました。アンケート調査では、産後ケア事業を受けて不安が減った方もおおく、やはり産後ケア事業を行ってよかった。と、実感でした。こんなに良い効果をあげられる事業であれあるほど、千葉市に住む、たくさんのお母さんと赤ちゃんがサービスを受けられるようなシステムつくりができるよう、今後も検討し実際に行動していきたいと思いました。

 

2.産後ケア事業請願書提出について

産後ケア事業について、訪問型を行っている事業所で通常訪問と産後ケア事業訪問では料金が違うことがあり、現在のところ通常世帯では、3割負担のため、3600円千葉市民は支払っています。しかし、通常訪問はそれよりも低い価格で訪問などをしているため、通常訪問の価格で行くと3割負担であっても3600円よりも低い価格でサービスを受けれらるわけです。そのような現状は、千葉市民、納税者としては、納得がいかないのではないかと思います。税金の使われ方としても、どうかと思う部分は大きいので、その是正をするべく行政の担当の方にお話ししました。訪問型ではないですが、施設によっては、もともと料金が委託料金よりも低いので、差をつけることはなく、産後ケアサービスを活用した産後の宿泊とそうでない宿泊でも同じ料金で行っている施設もあるので、利益率に差が出ることがないように公平にしてもらえるよう、請願書していけたらいいのではないか。という話し合いになりました。

 

3.産前産後ケア拠点施設について

間取りなどを話し合いました。お産も一緒の施設なら、2階にもトイレがある事、お産お部屋とイベントスパースが離れていること。などなど、お産も一緒の施設でなければ、産後入院施設と、イベントスペースで大丈夫。など考えました。

 

3.その他

ヨガアムリタさんのスタジオで、保育士、理学療法士、看護師、助産師などがつくりるお産クラスをやりたい。という話になりました。それぞれがそれぞれの分野を生かして、私たちが本当に伝えたいご安産の知恵ができたらいいと思います。

 

次回ミーティング3月29日(金)4月17日(水)いずれも13:00〜NPO会員以外の方は施設利用料金100円。

内容)○産後ケア事業請願書等の検討について○産前産後ケア拠点施設についての情報交換○みんなで行うお産クラスについて

○エンゼルヘルパーアンケート調査について○産前産後ケア者研修内容について検討

 

ご興味のある方はご参加ください。申込wakakusa@osan-kojo.com

 

 

 

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |-
コメント
コメントを書く









この記事のトラックバックURL
http://blog.osan-kojo.com/trackback/1213
トラックバック