カレンダー
2018年05月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
プロフィール
リンク
お天気
携帯URL
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
玄米酵素カフェを開催しました!

今日は株式会社玄米酵素の臼井さんを講師にお迎えして「玄米酵素カフェ」を開催し、6名の方にご参加いただきました!

 

若草助産院でも妊婦さんの健康のためにおすすめしている「玄米酵素」。”玄米が体にいい”ということはよく聞くけど、どんな風にいいのでしょうか?玄米は、ビタミン、ミネラル、食物繊維、その他の有効成分を含んでいる優れた食品です。ある学校で”給食を週1回玄米食に変えた”だけで「子どもたちの集中力がアップ」し、「テストの点数も上がった」という新聞記事の紹介が臼井さんからあり、そのパワーを改めて感じました。「玄米酵素」はそんな玄米とその胚芽・表皮を麹菌によって発酵させたものなので、消化吸収もよく、手軽に簡単に玄米の栄養を取り入れることができます!

 

今日はそんな「玄米酵素」やその他の商品がどのように健康な身体づくりにつながるのか、また、健康に関する様々な情報も織り交ぜながら臼井さんにお話いただきました。

 

 

最近は「腸内フローラ」という言葉を耳にする機会も増えましたね。腸は単なる消化・吸収・排泄のため器官ではなく、”免疫を司る”大切な役割を果たしていることがわかってきました。食べるものによってその腸内環境は大きく影響を受けるので、腸内環境が悪化すると様々な不調があらわれてきます。今回印象的だったのは、日本人に適した食生活とは?という視点でのお話です。例えば、日本人は(欧米人と比較して)脂肪(油)を分解する酵素が少ないため脂肪の消化能力が低いそうです。だから、脂肪分の多い欧米化した現代の食生活を続けていると、内臓が弱って体のあちこちに不調がでてくるようです。やはり、日本人には昔から続けてきた穀物・野菜中心の和食が一番体に合っているということですねひらめき

 

 

前回の玄米酵素カフェと同様、今回も実際にいくつかの種類の玄米酵素を試食していただきました!「玄米酵素」には「プレーン」の他に「スピルリナ」「霊芝入」「グルカン」「花粉」「ビフィズス」などいくつか種類があります。また、蒸した大豆を独自の製法で粉末にした「元氣大豆」(普通のきな粉とちがって甘みがありとっても美味しいんですゆう★)、むくみを取り血流を良くしてくれる成分が入っている「玄妙茶」など、みなさんの健康をサポートできる商品がそろっています!参加者のみなさんは、それぞれ気になる商品について、また、ご自身やご家族の体調に効果的なものは?摂取量は?食べかたは?など色々と質問されていました。

赤ちゃんや小さいお子さんも一緒に参加してのカフェになりましたが、みんなおりこうさんにしていてくれましたよ〜赤ちゃん

ご参加くださった皆さん、臼井さん、ありがとうございました!

 

※玄米酵素の各商品は若草助産院でも販売しておりますので、ご興味のある方はどうぞお気軽にお問い合わせください笑顔

 

 

 

投稿者: andou | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |-
コメント
コメントを書く









この記事のトラックバックURL
http://blog.osan-kojo.com/trackback/1072
トラックバック