カレンダー
2020年04月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
プロフィール
リンク
お天気
携帯URL
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
千葉市子どもプラン(第2期)パブリックコメントにつて

千葉市ではこどもを産み育てたい、 こどもがここで育ちたいと 思うまち「ちば」の実現 のために千葉市子どもプランを策定しています。どういうものかと言うと、基本施策が1〜11項目あり、内容は、1.子ども・こそだて支援2.妊娠・出産・子育てまでの切れ目ない支援3.子どもの社会参画の推進などなど・・・11項目の基本施策それぞれに、目指すべき姿。や、主な取り組み内容が記載されています。https://www.city.chiba.jp/kodomomirai/kodomomirai/kikaku/documents/kodomoplan-gaiyoban.pdf

この施策は平成27年〜31年度までの5カ年にわたる施策で、期間が長いため、時代の流れに沿うように施策途中で、中間のパブコメを募集する。というものです。

 

その基本施策2妊娠・出産・子育てまでの切れ目ない支援という項目の中に、「産後の支援をより充実されるため、利用者のニーズに合わせ、利用時間の延長や、デイサービス型の導入など、利用しやすい仕組みを検討します。」という内容がありました。千葉市の産後ケア事業は2017年7月から開始され、2年半が経過しています。平成30年には利用者アンケートもされており、デイサービスの需要があるということもわかっています。2人目の出産の場合は、上の子と産後ケア入院ができない方も多くデイケアの要望は高いものがあるのだと思います。やはり、体をやすめる、という点からは、訪問型よりも、デイや宿泊などの施設型の方がいいのではないかと私も思います。以前、NPOで政令指定都市で行われている産後ケアサービスの調査を行った結果を以下に示すと、政令指定都市14都市では、訪問型は15%しか行われていません。

 

身体を休める。という観点から言えば当然のことでしょう。なぜ、千葉市は訪問型の産後ケアにこんなに力を注いだのかはいまだはっきりした答えはわかりませんが、他市の状況を見ても、産後ケアデイサービス型が早く開始してもらいたい!と思う市民の方は、多いのではないかと思います。デイサービス以外にも事業所で現場で働くものとして思うところを意見書いてみました。

 

●第2子目の出産で、第1子がいる場合、第1子も宿泊できる施設型がないため、施設型の利用ができない

●デイサービスのニーズが、産後ケアに関する利用者のアンケート調査で高かったようなのでデイサービスの開始をしてほしい

●施設型の1泊2日(2日分)ではなく、1日分をデイサービスの補助として使えるなど柔軟な対応ができたらいいと思います。

●夫のいる日曜、祝日に上の子を預けて産後ケアを利用したいと要望があったが、休日料金を本人負担での加算ができないと行政の担当者から言われ、宿泊を断った経緯がある。スタッフには休日は加算して給与として支払いをしているので、利用者が本人負担で了解を得られたら休日加算できたら宿泊を受け入れられるので、休日加算の本人負担を可能にしてほしい。

 

千葉市の産後ケアは、とてもいいサービスです。より多くの市民の皆様に、平等にサービスが届くように望みます。皆様のパブコメ以外でも、気が付いたことがあればぜひ、担当課「保健福祉局健康部健康支援課母子保健班」に笋mailしてみてください。

 

保健福祉局健康部健康支援課 shien.HWH@city.chiba.lg.jp

母子保健班 043−238−9925

 

 

 

 

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 活動報告 | comments(0) | - |-
産後ケア入院の一日

月曜日から産後ケア入院している方がいらっしゃいます。若草でご出産された方ですが、退院後、若草に産後ケア入院をされました。産後10日たらずですが、お産後+5日間でとても元気になりました。以前にもそのような方がいましたが、この5日間がとっても体を回復させるようです。おっぱいが張ったり、乳首が痛くなったり、、、そんなちょっとしたこともすぐにご相談頂き、対応できるので心配なく、楽しく、のんびりしました。という嬉しいお言葉でした。私たちもお産の入院後、見違えるように回復するお母さんを見て本当に嬉しい気持ちになります。すべてのお母さんがこのような産後の回復をしてもらえたらと思います。産後は、陣痛で体力を奪われ、お産で出血もして、骨盤もゆがみ、母乳育児でさらに血を消費しています。普段、私たちが風邪をひいて体調が一時的に悪くなってちょっと休むとはわけが違います。産後の養生は、体力回復、血と気の消耗を補い、さらに体の歪みを戻す期間です。ただ寝ていればいいというのではなく、体調を戻すためのケアが必要です。それは、東洋医学や自然療法、エネルギーワークを使っていろいろな方法で行います。体の気が回復するように、食事、お手当、体の痛みなどに細かくお世話していくのが助産師流の産後ケアです。傷やお尻が痛かればよもぎ蒸しで傷を癒します。乳首の傷も同じです。よもぎの力はすごくて、乳首の傷などにはとてもよい効果を表します。肩、腰、恥骨が痛かればイトオテルミー療法や、エネルギーワークでなどのお手当で骨盤調整を毎日します。授乳姿勢やおっぱいの状態、飲ませ方、乳首の含ませ方など細かくみてお母さんと赤ちゃんがリズムよく授乳できるようにお手伝いしていきます。食事もこだわりで調味料は無添加、季節の物を使って昆布とシイタケのだし汁で野菜たっぷりのメニューで消化がよく、体が疲れないように配慮したお食事です。フランス料理や、ホテルのようなアメニティーはありませんが、産後のお母さんがいち早く元気になるように考えた入院メニューになっています。病院や診療所さんとはちょっと違った助産師ならではのケアでおもてなししています。以下、参考写真もありますが、若草助産院の産後ケア入院の一日をご紹介していきます(^^)

 

毎日のお手当で産後の体の痛みを和らげます。骨盤調整中です!

 

お母さん達は、夜は薄暗いお部屋でリラックス。

 

 

添え乳も上手にできています

 

ご飯も季節の野菜で色とりどり(*^0^*)

 

 

 

赤ちゃん沐浴

 

 

お母さんも入浴🛁元気いっぱいですね(^^)

 

お母さんが元気になるために、赤ちゃんのお世話が安心してできるように、私たちはいつでもおそばにいます。お気軽にお声掛けください。お待ちしております(^^)//

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 活動報告 | comments(0) | - |-
千葉市団体提言募集に応募しました!

千葉市で、次期基本計画の策定に向けた提言を募集していたので、「骨盤底筋群に優しい都市宣言!千葉市」を提案してみました。所定の提言用紙に記入する形でエントリーしました。加筆修正しましたが以下のような提言内容で応募いたしました。

 

提言用紙
1 千葉市の将来(10年〜20年後)の目指したい姿
将来(10年〜20年後)の千葉市の目指したい姿について、記入してください。
<記載例1>海辺に人が集い、交流が広がるまち
<記載例2>外国人と日本人が共生して暮らし、他文化に触れあうことができる

提言内容 「骨盤底筋に優しい都市宣言!in千葉市」

提言を述べるにあたっての理由
昨年、子ども向けイベントでNPOが20代から50代の女性66名に骨盤底筋群による症状と運動習慣についてのアンケートを行いました。その結果、
・私どもの行った調査では、運動習慣があると答えた女性は全体の22%でした。スポーツの実施状況等に関する世論調査(平成29年11〜12月調査)では成人の週に1日以上の運動実施率は51.5%となっており、この結果と比較すると極めて低い結果でした。
・骨盤底筋群が弱まると出現すると考えられている症状、尿漏れ、腰痛、恥骨痛、股関節痛、尾骨痛、尿漏れなどの症状が1つでもある。と答えた女性は全体で65%でした。
・運動習慣があると答えた女性のうち上記のような症状がないと答えた方は46%と半数近くだったのに対し、運動習慣のない女性では31%でした。年代別や出産回数での比較ではありませんが、このことからも何かしら運動を行っていることが不快症状の緩和につながっているのかもしれません。
・全体の65%が身体に不快症状があると答えているにも関わらず、専門家に相談したことがある。と答えた女性は7.5%にとどまっていました。
運動習慣がなければ当然骨盤を支える筋力も骨盤底筋群も弱まってしまう事が考えられます。骨盤底筋群が弱くなると、上のような症状が出現し、女性のQOLに大きく影響することは必須です。現に骨盤底の外来は亀田病院をはじめ、目覚ましく増加していることを見ても、症状を訴えて困っている女性が増えていることは明らかです。これらの不快症状は、症状が軽いうちにケアすることにより症状が緩和し、骨盤底筋群が弱くなってしまうことからくる子宮下垂や子宮脱出も防げる可能性がある。と言われています。
特に、子育て世代の女性は何かと時間がなく自分に時間をかけづらいという現状がありますが、若い時から骨盤底筋群が弱ければ、加齢とともにさらに筋力が低下してき、症状が悪化していくのは明らかです。
千葉市は、公民館やコミュニティ―センターなども充実しており、ヨガや運動のサークル、または、民間の整体院、ヨガサロン、自然療法で骨盤ケアを行ったり、骨盤ケアをしている助産院も少なくありません。そんな環境を生かして、どの年代でも、気軽に骨盤や体の不調を早期にケアできる場所が多くある町。骨盤底筋群の視点で女性をやさしくケアする町。という事でこの提言を申し上げることを考えました。

2 今後10年間の取組み
千葉市の将来(10年〜20年後)の目指したい姿を実現するため、今後10年間で、「|賃療の皆様が取り組みたいこと」、「∪虱媚圓房茲蠢箸鵑罵澆靴い海函廚鬚修譴召豕入して下さい。
<記載例1>‘常的なイベント開催・ゴミ拾い ∪虱佞粒な佞離屮薀鵐妊ングとPR
<記載例2>‖省顕修鰺解する姿勢を持ち、人と人として関わる 交流の場づくりや支援
提言内容
 |賃療の皆様が取り組みたいこと
・骨盤底筋群に関するケア、活動、調査をしている団体個人との交流、意見交換
・骨盤底筋群に優しい町イベント(体験・測定・情報提供など)
・WHO女性の健康週間イベント開催 (骨盤底筋群の重要性についての周知,体験活動)
・関係機関パンフレット作製・配布
・サークル、団体への講座、イベント、情報提供等
・勉強会開催
・実績調査・研究
∪虱媚圓房茲蠢箸鵑罵澆靴い海
・団体交流の場の設置、呼びかけ
・骨盤低筋群に優しい町イベント共催「骨盤底筋群にやさしい都市宣言まつり(仮)」
光市の参考です↓
https://www.city.hikari.lg.jp/kodomo/oppaitoshisenngenn.html
https://www.city.hikari.lg.jp/kodomo/op-fes-fin.html

・リーフレット作成補助、配布場所提供
・勉強会開催
・骨盤底筋群メンテナンスにかかる費用の補助
提言に応募したからと言って、特になにも変わらないとは思うのですが、3月に中央区で骨盤底筋群に優しいイベント(仮)開催するかもしれず、また、花見川区では、同じく3月に、「ペリネにやさしいまち千葉の会」がイベント開催予定です。3月1日〜8日はWHOが女性の健康週間としていて、世界的にいろいろなイベントが開催されています。この月に骨盤底筋群イベントを開催することが出来たら、本当に嬉しい限りです。まだいずれも検討段階ですが、ご興味のある方は、ぜひお住まいの地域で小さいながらもなにかアクションおこせたらいいのではないでしょうか。「ペリネにやさしいまち千葉の会」は、花見川区のヨガインストラクターの方を筆頭に発足したばかりの会で、会員3名ですが(^^;)これからの活動を考えています。ご賛同いただける方は、つなぎますので、ぜひお声掛けください。お待ちしております!
投稿者: おたんこ助産婦 | 活動報告 | comments(0) | - |-
お産クラス開催しました!

本日、2月予定日の妊婦さんたちにお産クラスを開催しました。ご家族で参加していただきにぎやかな会になりました。が・・・写真を撮り忘れて。。。お産の経過と、赤ちゃんが骨盤内をどのように降りてくるか、そして陣痛中の過ごし方。写真や模型などいろいろ媒体を使ってイメージしてもらいます。夫さんには最後イキム時に支える姿勢について。お産が終わって夫も筋肉痛になりますよ(^^;)転んだら大変なので精いっぱい支えて、お産も疑似体験してくださいね。とお話ししました。お産の時に妻を支える夫は妻が陣痛でう〜〜〜んん!!!!っていきむと支える夫もう〜〜〜〜〜〜〜んん!!!!っていう顔をします。陣痛が収まると2人でほっとした表情になっているんですよね。これは!夫さんもお産してるな!なんて思っています。若草助産院は立ち会い出産ではなく、夫も参加型出産なんです。今回は、知り合いから頂いたきれいな媒体初披露でいろいろご説明できました。今までは手つくりの物を使っていましたが、やはり!きれいだと気持ちも上がる!!!でも、結局いつものものを最後に使ってご説明しましたけど(^^;)手つくりの物は地域のお産クラスをしたときに何も媒体がなくて、私が作ってお産クラスを行っていました。懐かしい・・・でももう10年以上前です。ラミネートしてくれたスタッフの方にはいつも感謝の気持ちです。まだ使っています。ありがとうございます。新旧織り交ぜながらのお産クラスは楽しくて、終了後には少し疲れが出ます。お産真近の方がたに、お伝えしよう!という意気込みと圧がかかるのでしょう。良し悪しですが全力でやってしまう癖があって。。。。今後はかわいい絵で少し力抜いて程よくお産クラス開催していきたいと思います!

お産クラスは毎月第4土曜日11:30〜開催しています。若草助産院で出産しない方のご参加もOKです!少人数制のクラスなのでゆったり、楽しく、聞きたいことが自由に聞ける雰囲気です。ご興味のある方はお問い合わせください。次回お産クラス2月22日(土)11:30〜12:30参加費 ご家族2000円 1人1500円 です。皆様のご参加お待ちしております!

お子さん向けにお産クラスも開催可能です。自分がどうやって産まれてきたのか、あの手この手で説明します。ご興味のある方はお気軽にご相談ください。お待ちしております!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 活動報告 | comments(0) | - |-
産後ケア訪問行ってきました!

本日、産後ケア訪問に行ってきました(^^)//午前と午後で、おっぱいが気になる。という方がたでしたが、聞いてみるとそんなにトラブルはない様子。お体に不調はないですか?とお聞ききすると、腰痛、肩こり、手が痛い。。。。疲れて。。。などなど。。出てくる出てくる。産後の体調不良は見逃されやすいので、千葉市の産後ケアはとてもいいサービスだと思います。やっと少しづつ、母乳以外でもご依頼を頂けるようになりました。産後の養生の大切さをもっとしてもらいたいと強く思います。助産師はおっぱいケアだけではありませんよ。お母さんの体を元気にする技術があります。また、授乳中に赤ちゃんの体がそってしまう。というご相談、さっそく産婆が巻き巻き💛赤ちゃんご満悦だったそうです。お母さんと赤ちゃんが心地よく過ごせて楽しく育児できたらいいですね。千葉市にも、どこの施設が何ができるかをもっとわかりやすく掲載してください。とお願いしているのですが、HPのリンクが張られているのでそちらを見てもらいます。という対応、、、先日、ご訪問した方が腰痛がある。という事で母乳ケア後に骨盤調整したら、こんなことなら早く若草にお願いすればよかった。。とおっしゃったお母さんもいました。若草産婆はおひな巻きもご説明します(^^)よいサービスが必要なお母さんと赤ちゃんにに届くよう、今後も活動していきます!お母さんの体調不良でも、産後ケア受け付けています。お気軽にご相談ください。お待ちしております(^^)//

 

 

まきまきされてかわいい赤ちゃん💛

 

 

皆様のもとに駆け付けますよ〜〜。ご連絡お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 活動報告 | comments(0) | - |-
検見川公民館で発酵食品講座を開催しました!

本日、花見川区の検見川公民館で発酵食品講座を開催しました。この企画は検見川公民館主催の企画で、事業提案をこちらが行い、公民館から委託。という形式で開催しました。本日の発酵食品は「麹」甘酒の作り方をご説明し小豆を煮てゼンザイにして試食。混ぜるだけの醤油麹を皆さんと作りました。参加してくださった方は16名で、皆さん活発に質問や、麹を使ったレシピなど質問を沢山して頂きました(^^)//小豆の煮方まで質問され、私たちも楽しく開催することができました。なんと!キャンセル待ちも出たほどでした〜〜。最後にNPOのご紹介もさせて頂き、今後は骨盤調整の講座も加曾利公民館で開催することをお伝えしました。皆さんの近くの公民館でも開催できればと思いますので、ぜひ、参加してみたい講座があったら、企画のリクエストをしてください!とお話ししました。年代も様々でとても貴重な経験でした。またこのような会を開催できたらと思います。

 

麹の説明中

 

 

混ぜるだけ醤油麹作成中!

 

ご参加いただいた皆様!ありがとうございました(^^)//

投稿者: おたんこ助産婦 | 活動報告 | comments(0) | - |-
看護学生さん実習きました!

本日、看護学生さんの実習がありました。年に数回実習に来ています。助産師志望の学生さんは助産院という場所にとても興味をもってくれたようで、お手当中も積極的にやってみたい!という感じが出ていました(^^)/初めてのお産でどうして助産院で出産しようと思いましたか?などストレートな質問も妊婦さんにしていました。腰痛や肩こりが改善すると(**)びっくりしている様子がかわいかったです💛午後は訪問にも行って、赤ちゃんをまるまるにするのも見学できて充実した実習になったのではないかと感じました。

学生さんが書いた、実習終了後レポートに「助産ケアによってお母さんと赤ちゃんの持っている力を最大限に引き出すことができると知ることができてよかったです。自分自身もどのような形でケアの質を高めていけるのか考えていき、知識、技術をみにつけていき、自分だからできるケアができるようになりやいと思います。」と、なんと!立派な感想!看護学生さんとは思えない感想に私も嬉しく思いました。未来の産婆に期待しています。ライバルが増えるので私もたくさん勉強して精進しなくてはいけないという思いがこみ上げました。助産課程に無事進めたら、また講義で会いましょうね(^^)//とお話ししました。

 

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 活動報告 | comments(0) | - |-
千葉市産後ケア事業の訪問に行ってきました(^^)/

千葉市で産後ケア事業が始まって2年程度、だんだんお母さん達に浸透してきているようです。ただ、まだまだ、おっぱいのトラブルがないから受けられないと考えている方も多く、産後疲れ、産後の体調不良でも利用できることをもっと多くの方に知って頂きたいと感じています。最近は、若草助産院のHP見て頂き、骨盤調整や、腕、肩の痛み、まるまる育児相談などでご訪問の依頼を受けます。お産は命をかけた大仕事!なかなか体調が元に戻らないことは多く、それを普通だと思って、育児や日常生活が楽しく過ごせない方が多くならないように、せっかくのサービスなので、ぜひ、活用してもらいたいと思います。その体調不良はお産からかもしれません!ぜひ一度対象になっている方は、お声掛けください。https://www.city.chiba.jp/hokenfukushi/kenkou/shien/29sangokea.html

 

産後の授乳の体勢で肩が痛いお母さんへお手当、肩甲骨と鎖骨回りを温めてほぐしていきます。

 

 

 

小林産婆にわしゃわしゃ洗われています(^^)//

 

 

 

大仕事を終えたお母さんと赤ちゃんのお手伝いができますことを心より嬉しく思います。元気なようでそんな大仕事の後は体は大変消耗しています。イトオテルミー、アロマケア、手当てなどできる産婆たちがお待ちしております(^^)//

投稿者: おたんこ助産婦 | 活動報告 | comments(0) | - |-
千葉市産後ケア訪問に行ってきました!

ご出産された方への訪問へ行ってきました。赤ちゃん体重増えていてよかったです。お母さんは思いのほかおっぱいが張っていて、やはり訪問してよかった(^^)腰も痛かったようで、骨盤調整もしてきました。背中の調整をするとおっぱいが和らぎます。おっぱいはおっぱいだけにしてあらず。全身の一部なんですよね。一部ではなく身体全体を見て治癒力をあげるような施術!立派なこと書きましたが、でも、目指しているケアです。現に体を整えると、体が温まって、固かったおっぱいが和らぎ、ほら!体を温めるって大事なんですよね〜〜って決めセリフ(^^;)が決まったところで色々説明。実感してもらうのが一番です。着こむだけでなく、食事、メンタルも体の冷えにつながっています。心地よく過ごすにはちょっとした心使いが大切です。まずは自分から!そうしたらお子さんにも夫さんにもそのような目で見てあげることができます。お手当も、できるようになりますよ〜〜とお話ししました。背中、腰痛もあったようなので、骨盤調整もして、ジャガイモ湿布してきました(^0^)/時間が余ったので、赤ちゃんも沐浴してきました。訪問は私の開業の原点でしたのでとても心が和らぎます。千葉市にはいいサービスがありますね。少しづつ、手や腰、肩こりの産後体調不調の依頼が来ています。そうそう!!その痛みはお産の影響であることも多いです!当たり前と思わずに、ぜひ一度ご相談下さい。お手当5回コースもぼちぼち依頼があり、産後数年たってからのメンタルの落ち込みなど、私も産婆としてお手伝いできることを大変うれしく感じます。皆様のお役にたてるよう頑張ります!お気軽にお問い合わせください。お待ちしております!

投稿者: おたんこ助産婦 | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |-
大きな家族 いろは保育園のクリスマス会に「出張手当」で出展参加してきました!

先日の土曜日に社会福祉法人 大きな家族いろは保育園 https://ookinakazoku.com/のクリスマス会に参加させていただきました。

私はお産の都合で午後から参加になりましたが、保育園の先生、保護者の方など、15分程度でしたが、ひっきりなしにお手当ができて、とても幸せな時間となりました。私のブースは、パーテンションで囲われていて、外のことが分かりにくかったのですが、楽しい歌声や笑い声が聞こえて、たまに手つくりのおもちゃがとんできたり(^^)元気な声で、何してるの??と聞かれたり、本当に楽しい時間を過ごさせてもらいました。忙しくて、写真もとることができず。。。最後にお手当した方は方が痛くて背中に手がに回せなくて・・という方でした。年代は違いましたが、いろいろお話しさせていただき、私も勉強になりました。このような機会をいただき、とても嬉しく思いました。ありがとうございました。イベントに出張お手当いたします。ご興味のある方はぜひ、お問い合わせください。お待ちしております(^^)//

投稿者: おたんこ助産婦 | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |-