カレンダー
2020年04月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
プロフィール
リンク
お天気
携帯URL
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
若草助産院太腕繁盛記WHO「ポジティブな出産体験緒ための分娩期ケア」和訳できました(^^)/

2018年にWHO「ポジティブな出産体験のための出産ケアガイドライン」が出されました。和訳されておらず、探して、探して、やっと見つけたのがJICA保健医療タスクNL VO49でした。

https://www.jica.go.jp/activities/issues/health/ku57pq00000wwjhn-att/panf_hoken49.pdf

 

その後、筑波大学の方々が和訳した分娩期ケアが出されました。

file:///C:/Users/masayo-kobayashi/Desktop/WHOポジティブな出産体験のための出産ガイドラインについて.pdf

 

サブタイトルもとても素敵で「母子のより良い健康と幸せのためのケア変革」です。要約ですが、一部抜粋すると、「ポジティブな出産体験とは、女性がそれまで持っていた個人的、社会文化的信念や期待を満たしたり、あるいは超えたりするような体験です。臨床的にも心理的にも安全な環境で、付添人と、思いやりがあって技術的にすぐれた臨床スタッフから実際的で情緒的な支援を継続的に受けながら、健康な赤ちゃんを産むことを含みます。これは、ほとんどの女性は生理的な出産を望んでおり、意思決定に参加して個人的な達成感やコントロール感を得たいものだと、という前提に基づいています。たとえ医療介入が必要だったり、産婦が介入を望むような場合であっても同様です」

 

上の文章だけでもとても共感です。お産は単なる通過点でなく、個人にまつわるすべてに影響する体験であり、当事者主体でなくてはいけない。というガイドラインです。これには「ポジティブな出産体験緒ための分娩ケアについての推奨リスト」が掲載されており、・出産全期にわたって行われるケア・分娩第1期(陣痛開始〜子宮口がすべて開くまで)・分娩第2期(子宮口がすべて開いて〜赤ちゃんが娩出されるまで)・分娩第三期(赤ちゃんが産まれて〜胎盤が娩出されるまで)・産後早期の褥婦のケアのケアについて、推奨、推奨されない。に分けられています。中でも一番関心が高い項目は、分娩第1期(陣痛開始〜子宮口がすべて開くまで)のケアの

8.分娩第1期活動期に子宮口が少なくとも1時間に1センチの速さで開大すべきという基準は、産婦によっては非現実的な進行であり、正常な分娩進行の診断に用いることは推奨されない。子宮口が1時間に1センチよりゆっくりとした進行であるという理由だけで、慣例的に産科的介入を行うべきではない。

 

これは助産課程の学生さんに見せるととても驚きます。学生さんは分娩進行が正常に経過しているか判断するために以下のようなフリードマン曲線を使用します。この図の通りに進行していないと分娩の進行が正常ではないと判断しているのです。

 

 

 

WHOは、この図の通りに経過していないからと言って産科的介入を行うべきではない。と述べていることを学生さんは若草助産院の実習で初めて知ることにあるわけです。助産院での実習は病産院での実習とは少し違います。地域に根差す。退院後のお母さん達とのふれあい、保健センターなどの行政機関との連携などなど、、、学生になって最先端の西洋医学を学び、助産院ってどんなことしてるの??という感じの態度をとってくる助産師学生さんも少数派ながらいます。私は、助産院は、わりに自然派でアンチ病院、医療というちょっと変わった助産師が働いているところ。と学生さんたちに思われたくない。と常々思っています。きちんとしたエビデンスのもとに医療連携を取りながらお産にかかわっていて、医療的な能力はとても低いですが、私たちの範疇ではなくなりそうになったら、他の高次医療へ搬送などの処置をとって、連携していることは他の医療機関と何ら変わりはない。という事を学生さんたちにはお話ししています。

 

それにしても、正常をつかさどる助産師がを知らないのはさすがにどうなのかな。と感じてしまうので最近は、助産課程の先生たちに正常産のエビデンスを学生さんたちが知ってから実習にきてください。とお伝えするようにしています。

 

すべては、安全で安楽で変革をもたらす出産体験をするために、必要なことなのだと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 日記 | comments(0) | - |-
若草助産院太腕繁盛記ぁ礎楼茲任量魍筺

若草助産院太腕繁盛記第4回目です。先日の出来事を書きます!入院さんがいる午後、お風呂掃除をしていたら、お風呂の小さい窓から覗き込むようにして、「すみません〜〜ん!!男が女になるにはどうしたらいいですか?」という質問。ん??????急なことだったので浴槽をシャワーで流していた手を止めて、「なんですか?」と、聞き直すと、「男が女になるにはどうしたらいいですか?」と再度質問。ん〜〜〜〜〜〜・・・急なことで、いたずらかしら?と一瞬考えたのですが、「ホルモン療法か、性転換手術かな・・」と答えました。窓の外では、「性転換手術か・・・」とつぶやく声。。ちょっとびっくりして、「どうして助産院に来たの?」と聞くと、「助産院だからわかると思って。。」という元気な声。でも、でも、性転換手術にはハードルがあって、まずはホルモン療法から、、ホルモン療法もジェンダークリニックは県内では少なく・・・なんて、頭の中がグルグル。きちんとお伝えしなきゃという思いが出て、おもむろに「ちょっと待って!」と助産院のドアをグワッと開ける。私を見た彼はびっくりしてちょっとあとずさり。。。「はいったら?」と声かけましたが「いや。。この後、向こうに行く用事があって・・・」と、またあとずさり。。あ!(;-_-) ・・・私の圧が強すぎてる??・・少し冷静になって「じゃ、落ち着いたらまた来てね!」と話してドアを閉めました。

 

せっかく、勇気をもって聞いてくれたのに、あまりお役に立てなかった感満載で、大変申し訳なかった。。。

 

彼からしたら、お風呂の壁や、お風呂からのぞく窓の範囲の距離感がちょうどよかったのに、いきなり、そんな、ドアぐわッと開けて、中入って、なんて(^^;)何か注意されそうな勢いに感じたのかもしれません。。。。このようなことは医療者あるあるで、きちんと伝えなければ!!という、まあ、まじめと言えばそうなのですが、本人は現段階ではそこまで望んでないし、言う必要もない時に、こちら側にスイッチが入ってしまう。私のmustは彼のmustではないんですよね。もちろん、聞く気がなくても聞いてもらわないと、理解してもらわないといけない。と考える時はありますが、この場合、また次回ちょっと来られるような、そんなコミュニケーションがよかったはず。(ーー)あ〜〜〜〜何年この仕事してるんだろうね!!!と自責の念。私の友人がよく使う表現。。マッチョ思想。私はマッチョになりたいので、決して悪い意味ではありませんが、ある意味、威圧感と言いますか、そばにくるとおおおお!と感じてしまうという、なんとなく伝えたい雰囲気がよく伝わる表現なので、使っています。

 

以前、両国駅近くの病院で働いていた時に、偶然!曙関とエレベーターが一緒で、この時の威圧感といったら(^^;)嬉しいけど。。。ちょっと(^^;)という感覚、わかりますでしょうか?少し驚いている新人Nsの私に曙関は優しく接してくれました(^^)//

 

お相手の意図を汲み、察して、お話しできる医療者に早くなりたいです。育児は生もの!(看護も!)その時、その瞬間の言葉かけ、対応がとても大事です。まだまだ修行は続きますが、この地域に開業して、13年、お産以外でもそのような相談を受けられることにとても感謝しています。(十分な対応はできませんでしたが。。。。)地域に根付く何でも相談屋的な昔の産婆を目指して、ホームDrならぬ、ホーム助産師目指して頑張ろう!と決心した出来事でした。女性になったらきっとかわいらしい方になるだろうな・・と感じた彼が、また来てくれるといいです(^^)

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 日記 | comments(0) | - |-
若草助産院 太腕繁盛記〜助産院な1日〜!!

昨日はお産があり、朝ごはんつくりから!本日のメニューはキャベツの信田煮風、紫蘇の実梅酢納豆、こんにゃくとネギの甘味噌和え、雑穀ご飯、キャベツ、ネギ、わかめの味噌汁、元気ドリンク、みかんでした。産後養生して疲れを癒してもらいたいです(^^)

 

 

そして、今日は土曜外来の日でした。朝いちでお手当5回コースの方おいでになりました。本日、最後の日で、「だいぶ体調は良くなりました💛」とのこと。プレメンスsinや、妊娠しにくかったり、メンタル面が落ち込みやすかったり、、、いろいろな症状がありましたが、今ではすっかり元気になられて、毎日、スクワットや、腹筋までやっているそう(^^)スゴイ!!本日で、お手当5回コース終了ですが、あまり体調が落ち込むとまた上げるのに時間がかかりますので、体調悪いと感じたら、早めに来てくださいね。とお話ししました。毎月1回メンテナンスでお手当いらっしゃる方もいて、なんだかすこ〜〜〜しづつお手当が広まっているようで、嬉しい限りです(^^)//腹直筋のリリースが思いのほかうまくいている。。ような。。骨盤もシュッと整います(^^)//

 

外来2本目!予定日近い妊婦さんです。少し寝不足のようでしたが、前回のお産よりもずっと体調がいいようです。若草に受診した時よりも体は楽ですって(@0@)スゴイ!体つくりのたまものですね〜〜お産が楽しみです!

 

午後、産後ケア入院の準備。やはり・・和室と布団が気持ちが和らぎますね。ピンクの肌さわり抜群のパシーマのシーツがさらに体を癒してくれます。午後からいらっしゃるので赤ちゃんと会うのも楽しみです。本当は休日は産後入院の受け入れはできないのですが、本日は産後の入院の方がいらっしゃるので、来ていただけることになりました〜〜〜

 

 

事務作業して、産後の方のケアをして、入院さんをお待ちします(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 日記 | comments(0) | - |-
若草太腕繁盛記!

助産院では、陣痛が来る前に破水をしてしまうと、赤ちゃんへ感染しないように、24時間様子を見て産まれなければ病院へ転院となります。破水して、陣痛がない・・・というのは本当に助産院泣かせなお産です。なんとかして産んでいただきたい!!!そんな思いで24時間の戦いが始まります。どんなにご安産な体質の方でも、陣痛が来なければ赤ちゃんは産まれてきてくれません。どうにか、陣痛が来るように、いろいろ仕掛けていきます。仕掛けるといっても自然療法でしかないのですが、満潮の時間、どうしたらお産が進むタイプなのか、何が原因で陣痛がやって来ないのか。。。などなど、産婆たちはすっご〜〜〜〜〜〜くかんがえます。はじめてのおさんの場合、タイムリミットは24時間で、それまでにご出産いただくのは至難の業です。子宮口が少しでも開いていればいいのですが、陣痛もなし!子宮口も閉鎖!なんて産婆的には、泣き(´;ω;`)の状態の時もあるからです。でも、若草産婆たちはあきらめません。時間をちらちら見ながら。。。今は、休む時だな!ここで動こう!独りになった方がいい!座ってみる!たち膝で過ごす!バランスボール!などなど、一見和やかにお産を見守っていますが、頭の中はフル稼働。

 破水が先のお産の場合、一応病院へ連絡します。もし、産まれなかったら明日、何時ごろご連絡した方がいいですか?とその日の担当医師と話し、「陣痛は来ていますか?」「はい、少し来ています」「じゃあ、だいじょうぶですね」という医師からのエールに「はい!産んでいただきます」という答えにははっ!とお互いに笑い( ´艸`)産んでもらいたいという若草産婆の思いをやさしく汲んでもらいました。

 体つくりは良くても、妊娠する前からは変えられません。妊娠中仕事が忙しく、体調が落ち込んだり、体つくりがうまくいかなかったりすることがお産に大きな影響を与えることもあると私たちは考えています。若草で培った経験総出で臨むお産。。。本当はもっとゆっくり、と思うところですが、そうもいかず、、、最近は破水してご出産にならず、転院になった方はいません。破水からのお産も前よりははるかに減ってきました。ですが、やはり絶対はなく、そんなときはとにかく、若草で赤ちゃんが産まれてくれるのを願って頑張ります。破水からお産にならないように。。。まだまだ修行は続きます・・・

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 日記 | comments(0) | - |-
「骨盤底筋群の強い町」宣言!!構想実現か?!・・・

昨日、なめき食堂のなめき料理長がいらっしゃいました。なめき料理長は月に1度グローボでカフェを開催しており、その時に何か一緒にコラボできないかというお話しでした。わたしはさっそく、「骨盤底筋群の強い町宣言!イン千葉市」のイベントをやりたいと言いました。骨盤底筋については、少し前、イベントで千葉市内の20代〜50代の女性にアンケート調査を行ったところ、運動習慣がある女性がほとんどいないことが分かり、また、骨盤底筋群が弱まるために起こる尿漏れ、骨盤周囲の痛み等を感じていることがわかりました。若草の嘱託医療機関の医師にも最近子宮脱、下垂の手術が多くなっているという事も聞きます!これらは適切な指導や運動で防げることもある病気です。また、子宮下垂や脱出が起きてしまうと底筋群を鍛えるか、手術、また、出てこないように器具を入れるようになります。骨盤底筋群は女性の生活に密接にかかわり、QOLにも大きな影響を与えます。パートナーとのコミュニケ―ションにも同じ事が言えるでしょう。千葉市では、医療機関のみならず、整体、ヨガ、ガスケアプローチ、骨盤底筋群のケアの認定を受けたインストラクター、助産師、東洋医学、エネルギーワーク、など様々なケア者が活動しており、千葉市に来れば、尿漏れはなぁぁい!!!!というくらいまで活動が活発になればいい!と考えた構想です。セルフケアで不快症状が改善されれば、健康意識も高まりますし、自分への自信にもつながります。どうしてそれが必要なのか、効果はあるのか?なども、私たちなりに地道に調査して、今後、千葉市にも提言していけたらと考えています。このほかにも花見川区で骨盤底筋群の強い町宣言!イベントを開催したいと考えている方とお話しします。他の地区でも開催したいと考えている方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡お待ちしております。また、アンケート調査の結果や、今後の調査に向けての予備調査として手当てによる骨盤への効果についてもまとめて行きたいと思いますので、楽しみにお待ちください(^^)//骨盤計測、お手あてに協力してくださるモニターさんも募集中です!随時募集していきますので、よろしくお願いいたします。

 

なめきさん!カワユス💛コラボイベント実現できたらいいですね〜〜〜

 

 

ノンシュガーでサツマイモケーキ作ってきてくれました〜〜〜おいしかったです(^^)//

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 日記 | comments(0) | - |-
助産師学生 産後ケア訪問

助産師学生さん、産後ケアの訪問に一緒に行きました。訪問先の赤ちゃんはとっても泣いていて、お母さんは、なんだかよく泣いて〜との事。すぐにおひな巻きして、上下に揺らしたら、速攻!泣き止んでお母さんびっくり!!反り返って泣いているようなので、体勢が辛いのだなと思い、すぐにまるまるしちゃいました。眠たいのに眠れないぐずりだったようです。学生さんも泣き止んだ!!と心の声が漏れそうだったようです。若いお姉さんをお兄ちゃんも気に入ってくれて、そばについていて離れません。下の子が産まれて何が大変って、上の子ですよね(^^;)産後の数か月は、お母さんも2人目のお母さんになる過渡期、お兄ちゃんも一生懸命お兄ちゃんになっていってるんですよね。ちょっと大変ですけど、いろいろ手を借りながら乗り切れるといいと思います。お母さんは少しお疲れの様子でしたので、産後ケアの宿泊をお勧めしました。1泊2日でも、2泊3日でも宿泊すると、食事と養生でだいぶ体調が変わります。若草のお手当と食事で産後に元気になるお母さんが増えることを願っています。学生さんは、産後のお母さんのおっぱいの動かし方や乳質の見方などを学ぶことができました。助産院実習が終わって、受け持ちさんの1か月健診に行くそうです。短い間でしたが、お手当や骨盤の歪み、肩甲骨の筋膜リリースなどを学ぶことができ、ぜひ活用してくださいね。とお話ししました。「助産院に魅力を感じました」という、感想で私もたくさん説明したかいがあったな(^^)と感じました。今後も元気に頑張ってください。ご協力いただいた方には心より感謝いたします。お母さんと、赤ちゃんを守る、いい産婆になるように願っています。今月中は学生実習があります。みなさん!産婆魂植え付けに来てください!お待ちしております(^^)//

 

あ〜あ〜う〜う〜ってたくさん学生さんとお話ししていました

投稿者: おたんこ助産婦 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |-
助産所公設など検討へ

9月の読売新聞でこのような記事が掲載されていました。地方の産科の過疎化は免れず、どうしようもなくなって助産院開設を考えているようです(^^;)これを追い風を考えて、単なる助産師が取り上げる場所。というだけでなく、女性の体を知り、自己管理して、ご安産とかわいい赤ちゃん、母乳育児が手に入る場所として、産む側主体の施設が作り上げられることを大きく期待します!

 

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |-
過疎地域に果たす助産院の役割

今月のNPOの会報で↑ような記事を書きました。内容は、

先日、県内にある地域の濃い気医療民生課の方からその地域の10年後の参加委長を検討する会議に出席している医師に、助産院はどのように運営しているのかを説明してもらいたい。という依頼を受けて出かけてきました。地方で出産できる施設が少なくなっているのは昨今言われ始めたことではありませんが、県内でも、産科の開業医の高齢化により、いよいよお産できる施設がなくなってきているようで、過疎化している地域で助産院を開院するのはどうかという話が出ているようです。助産院はとてもマイナーな施設なのでよく誤解されるのですが、助産院に医師が常にいるわけではありません。また、正常なお産であれば、医師が必ず立ち会わなければならないという事もありません。もちろん何かあったときのために、医療的なバックアップは必要ですが、正常なおさんんであれば助産師だけでお産を取り上げることに問題はありません。

 また、助産院の良いところはお産が済めば終わり。という事ではなく、その後の育児や、子どもの思春期、自身の更年期まで線でかかわることができる。また、女性が自身お体を知って、自己管理してつかむご安産と赤ちゃん、あふれる母乳、そして、体への自信。そういう経験をして、女性が産む性を堪能し、自分の能力を開花する場所です。という内容を言いました。説明した医師と行政の方はもちろん、男の方ばかりでしたが、体つくりや、子育てで長くかかわれる助産師の仕事に強く関心を持ってくれているようでした。また、妊娠、出産育児は、地域性に影響を受けるので、産院と併用してカフェなどを開催して、地域の方がたにも愛される場所、また災害時には小さい赤ちゃんや妊婦さんにも対応できる場所として利用できることも話しました。

個人的には、予算がついて、市営のバースセンター(助産院)が設立されることはまず難しいとは思いましたが、でも、ここで助産院や、助産師をアピールしなくては!!!と、いろいろな使命を感じながら、90分、皆さんの質問にお応えしたりして、やり取りを行いました。同席された医師の方は、ご自身でクリニックをしている先生なので、先生に、この施設でレスパイト型の産後ケアやりましょう!!と言ってみたところ、いいねえ〜〜〜!!と乗り気。少し驚きましたが、危機感を感じている過疎化地区の人たちを見ていると、やはりお産は個人の問題ではありませんので、地域含めて考えていかなくてはいけない事なのだなと、強く思いました。私もせっかく時間を頂いたので、何かしら成果を上げていきたいと考えています。その後の進展を期待して動いていきたいと思います(^^)//

 

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |-
若草産婆のつぶやき・・・最近のお手当外来について

2か月前からお手当5回コースが始まりました。少しづつですが、ご利用いただく方がいらっしゃいます。昨今の傾向ですが、妊娠出産産後の期間に関わらず、いろいろな症状をお持ちの方が受診されます。メンタル、出産後1年以上たった産後疲労、腰痛、などなど・・・女性の体は疲れ切ってる、そして、頑張りすぎてる。。。どうにかならないものか、とても心配になります。そんな時、気軽にお休みできる場所があればいいとは思いますが、それではやはり根本的な解決にはならない。心の傷がちょこちょこ癒せるような、自分を内観できるような、そんな人生の立ち止まるポイントがあればいいのではないかと考えています。お手当ももっと気軽にできたらいいし、また、気軽にできたら継続もしやすい。そんな風になればいいなと、お産に関わる産婆ですが、最近はそんなことも考えています。レイキプロテクショナーも増えてきて、レストランやいろんなところで気軽にレイキ施術が受けられたらいいです。月に一度、霊気カフェいいなあ。。。。自身の人生を振り返る時間を少し取りましょう。ファストなこのご時世、そんな時間も必要だなと、強く感じます。女性にお手当できることがとても嬉しい💛明日も頑張ります(^^)//

投稿者: おたんこ助産婦 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |-
玄米酵素と不妊症 腸内細菌は人類を救う!!

NPOお産子育て向上委員会会員で販売してい玄米酵素ですが、はい!元氣ライフという玄米酵素に関する情報が掲載されている、コミュニケーション紙が出ています。それには玄米酵素を愛用している方が特集されるのですが、今回は、大宮レディースクリニックの院長の特集がされていました。内容は、腸内細菌と不妊症の関連が分かってきた。という内容でした。不妊治療をしている方がたは、以下のような症状がみられるようです。

 

・不妊症の患者さんの場合85%にカンジダ菌の異常増殖場見られる

・ビタミンB2が顕著に不足している

 

腸内細菌がビタミンを作る事はわかっているので、ここのクリニックでは、患者さんに腸内細菌を助ける働きのある栄養補助食品を取ってもらっていて、くわえて、食事指導の一環として「玄米酵素」。これにより、昨年秋以降、凍結胚移植の1回目当たりの妊娠率が50%を超えています、通常は30〜40%くらいなのでやはり食事が大事といえるでしょう。という内容がかかれていました。

 

また、この院長は、玄米酵素の食物繊維にも注目していて、ビタミンB2、B6は、野菜を中心にした食物繊維の多い食事をとると濃度が5〜6倍に増えますが、肉食や、普通食では増えない。とも言っています。肉が多い食事だと、体調がおかしくなるのは、ビタミンB6が減ってしまい、エネルギーの産生システムが抑制されてしまうからで、つまり、食物繊維は腸内細菌の善玉菌の餌となって、善玉菌を活性化させて、ビタミン、などの有益な物質を作っている。と話しています。また、玄米酵素がなぜ不妊症の固い良い兆しをもたらすのかは、ビタミン、ミネラルが豊富だという事もありますが、ゴボウの4倍の食物繊維が含まれているためではないかと考えています。とも語っていました。玄米酵素に含まれる食物繊維と妊娠緒関係が科学的に検証されていないので、今後の研究で明らかになることを期待している。という話が掲載されていました。先日、私が不妊治療に関する研修でも食事のことが言われていて、乳製品を多く摂取すると子宮の内膜が厚くなってしまうこと、発酵食品を多くとる、オメガ3などの青魚を多くとることがよく、トランス脂肪酸を多くとっている人は妊娠率が低くなる。などのかなりはっきりしたことがいろいろわかってきているようでした。野菜中心、発酵食品を使った、和食が体にも妊娠にもいいことが分かった講座でした。

 

レディースクリニックの医師は、患者さんの血液のデータから不足している栄養素や代謝の状態を読み取り、サプリメントを使って栄養バラsン酢を整えていくのですがどんなサプリを使っても玄米酵素のような結果は出なかった。と語っています。

 

若草でも貧血の方に玄米酵素のスピルリナを食べてもらっているのですが、そうすると血液中の鉄の値は妊娠後半に低くなるのですが、MCVの値が上がる事をよく目にします。これは、どういうことかというと、赤血球が増えていることを表しています。妊娠後半は赤ちゃんへ血液を循環させるために血漿成分がおおくなるため血が薄まる形になります。末梢血管から採血する場合、数ミリリットルの採血した血液中の鉄は少ないのですが、赤血球自体は増えてる。という現象をよく見るのです。これは、私もとても不思議です。

 

少しづついろいろなことが分かり始めてきていますが、やはり、健康な体であることが大事!健康とは、たんに病気がない。というだけでなく、メンタルも含め、日々快適に過ごせる状態のことを言うのだと思います。食事の改善といってもなかなかむつかしい昨今、このようなサプリメントの活用は健康であることの一助になっていくのかもしれません。

 

興味深い記事だったので書いてみました(^^)ご興味のある方は若草助産院でサンプルも配布していますのでお気軽にお問い合わせください。お待ちしております(^0^)//

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |-