カレンダー
2019年02月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
プロフィール
リンク
お天気
携帯URL
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
学校給食アンケート もめる(^^;)

学校給食に関するアンケート調査を平成27年に行いました、総数248名の方々にご回答いただきその結果をアップしました。その後、再度同じ内容でアンケートの再調査を行い、その結果をもっと発信していこう。という事になりました。そのアンケート作成に関していろいろスタッフ間でもめる。。。前回の調査で充分ではないか。再調査するのであれば、さらに変化して突っ込んだものがいい。。などなど。業務の合間でアンケート作成行うので、なかなかむつかしい面はありますが、よりいいものを作成して、今後の活動に活かしていきたいと考えています。

 

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |-
明日開催の「味噌作りの会」、まだ空きがあります!

毎年恒例の「味噌作りの会」は、いよいよ明日開催です!

まだ定員に余裕がありますので、ご都合のつく方はぜひご参加ください!!

 

お子様連れでも大丈夫ですスマイル

ぜひお気軽にお越しくださいね!

 

 

クローバー味噌作りの会クローバー

今年も味噌作りの季節がやって来ました!
添加物の入っていない、美味しい手作り味噌を家庭の味にしませんか?大豆を潰し、麹と塩を混ぜるだけの簡単作業ですが、おしゃべりしながら皆でやればとっても楽しい!
お昼はご飯と昨年仕込んだ味噌の味噌汁が出ますよ〜。
お子さん連れも大丈夫ですので、ふるってご参加ください。

 

■日 時:2月5日(火)10:30〜13:30頃
■場 所:千葉市松ヶ丘公民館調理室(千葉市中央区松ヶ丘町257-2)

■講 師:小林美香さん
■参加費:1,000円(ご飯と具沢山の味噌汁付き!)
 ※お持ち帰りの味噌代は別途実費。参加人数とできた味噌の量により変動します(1圓△燭600円前後)。
■定 員:10名(要予約・先着順)
■持ち物:エプロン、三角巾、台布巾&食器用布巾(各1枚)、筆記用具、持ち帰り用タッパーなど(希望者のみ)

 

 

 

◇お問い合わせ&お申込み◇


下記のアドレスまたは電話番号にご連絡下さい。
お申込みの際は、参加希望の講座名、お名前、ご連絡先を教えてください。

 

事務局イベント係
event@osan-kojo.com
043-239−6216

 

ご予約お待ちしてます笑顔

投稿者: andou | イベント案内 | comments(0) | trackbacks(0) |-
Tender Loving Care (テンダーラビングケア)

昨日、県の不妊相談従事者研究会というところが主催の、「不妊症・不育症治療について」の講座に行ってきました。最近の治療の動向や、詳しい成功率、患者さんが不安に感じていることなどなど、多岐にわたっての内容でした。全体的にとても勉強になったのですが、最後にTender Loving Care(テンダーラビングケア)についての話がありました。TLCと訳され医療の専門用語のようですが、私は初めて聞く言葉でした(勉強不足ですね!(><))日本語では愛護的ケアというそうです。内容は、心理精神的なサポートと、その講義の医師は話していて、とても気になってので、最後の質疑の時に詳しい内容について質問しましたが、詳しい内容は良くわからないという回答でした。TLCは流産率を低下させるとも報告していて、TLCにとても興味がわきました。

リスク不明不育症例に対するTLCの効果
報告者 産児獲得率
TLC施行 非施行
Steray-pederson.B1984年 86% 33%
Clifford K.1997年 74% 49%
厚生労働省研究班2011年 79.40% 56.90%

 

講座の後、私なりに調べてみたら、癌患者さんの終末期ケアに利用されていたり、車販売のサイトでもこの言葉が使用されていて、やさしい、愛あるケアという内容で専門用語ながら、幅広く利用されていました。文献検索もしてみたのですが、TLCについては私が利用している検索サイトでは書かれている文献はありませんでした。

 

私が見たのは、終末期の患者さんに対するTLCで、医療スタッフが最後まで寄り添い、患者さんが望めば足のマッサージや、音楽療法士がその患者さんに一番合った曲を楽器を奏でたりするそうです。まさに、愛あるケアと癒しでした!!

 

TLCについて、詳しい内容や定義はまだ見つけられませんでしたが、愛あるやさしいケアは、私たち助産師がとても得意とするところで、お手当もそれに入るのではないかと考えます。体が温まり、心がほぐれ、本当の自分の言葉が出てくる。それを否定するでもなく、冷静に自身とむきあい、新しい一歩を踏み出せるようになる。それは、治療を受けている方だけではなく、普通に生活している人たちすべてに必要なことではないでしょうか。

 

体温免疫学を説いた安保徹医師は、自然療法の共通点として・血流がよくなり・副交感神経が優位になり・リラックス効果が得られると話していました。以前、不妊治療をしている産婦人科医師が書いた文献を読んだ時も、骨盤内の循環が良くなることにより、着床率が上がった。という報告をしていたのを読んだことがあります。血流が良くなれば免疫力も高まりますし、筋肉の緊張がゆるみ、臓器にも血流がいくようになり、いい循環がおきるのではないかと考えました。そんな少しづつの良い変化が健康に関与していて、私たちが行っているやさしく体に手を触れて行うお手当は、実質を伴ったテンダーラビングケアなのかもしれないと感じました。

 

東洋医学、自然療法、西洋医学、の知識をもとに統合的に女性の体をケアできる助産師になり、妊娠前、妊娠中、産後、赤ちゃん、ご家族全ての方がたに、Tender Loving Careをしたい!!と強く考えた講座でした。NPOお産子育て向上委員会の産前産後支援者ネットワーク千葉でも、ちょっと横文字になりますが、Tender Loving Care (テンダーラビングケア)の言葉と意味を広める活動を提案していこうと思います。

 

 

 





 

投稿者: おたんこ助産婦 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |-
2月5日(火)「味噌作りの会」、まだ空きがあります!

今月は晴れの日が続いていましたが、今日は久しぶりの雨ですね。

千葉は夜に雪になるとか…。

寒さもいよいよ本番を迎えていますが、この寒い時期だからこそ向いているのが「お味噌作り」。

 

来週2月5日(火)には、毎年恒例の「味噌作りの会」を開催しますひらめき

大豆をつぶす地味〜な作業も汗、みんなでおしゃべりしながら作業すればあっという間です!

 

まだお席に余裕がありますので、味噌作りを体験してみたい方、ご興味のある方はぜひお気軽にお越しくださいスマイル

 

(過去の開催の様子はこちら)

http://blog.osan-kojo.com/?day=20170221

 

 

クローバー味噌作りの会クローバー

今年も味噌作りの季節がやって来ました!
添加物の入っていない、美味しい手作り味噌を家庭の味にしませんか?大豆を潰し、麹と塩を混ぜるだけの簡単作業ですが、おしゃべりしながら皆でやればとっても楽しい!
お昼はご飯と昨年仕込んだ味噌の味噌汁が出ますよ〜。
お子さん連れも大丈夫ですので、ふるってご参加ください。

 

■日 時:2月5日(火)10:30〜13:30頃
■場 所:千葉市松ヶ丘公民館調理室(千葉市中央区松ヶ丘町257-2)

■講 師:小林美香さん
■参加費:1,000円(ご飯と具沢山の味噌汁付き!)
 ※お持ち帰りの味噌代は別途実費。参加人数とできた味噌の量により変動します(1圓△燭600円前後)。
■定 員:10名(要予約・先着順)
■持ち物:エプロン、三角巾、台布巾&食器用布巾(各1枚)、筆記用具、持ち帰り用タッパーなど(希望者のみ)

 

 

 

◇お問い合わせ&お申込み◇


下記のアドレスまたは電話番号にご連絡下さい。
お申込みの際は、参加希望の講座名、お名前、ご連絡先を教えてください。

 

事務局イベント係
event@osan-kojo.com
043-239−6216

 

ご予約お待ちしてます笑顔

投稿者: andou | イベント案内 | comments(0) | trackbacks(0) |-
給食アンケート作っています。ご協力いただけたら嬉しいです!

現在、学校給食についてのアンケート調査用紙を作っています。対象は、千葉市内の小中学校に在学中のお子さんをお持ちの方、又は中学生本人です。給食を食べる時間についても調査しますので、中学生ご本人、または、そのお子さんからの聞き取りをお願いしたいです。対象が限られておりますが、たくさんの皆さんのご協力をお願いしたいので、ぜひよろしくお願いいたします(^^)//2月上旬にupする予定です。紙ベースでも行いますので、ご協力していただけるかたは内容をご確認の上、ご連絡下さい。どうぞよろしくお願いいたします(^^)//大まかな内容は、1.給食を食べる時間についての調査2.学校給食で伝統的な食文化である和食の継承伝達をすることについて3.和食献立と牛乳についてです。よろしくお願いいたします!

投稿者: おたんこ助産婦 | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |-
「おしゃべりカフェ」開催しました!

今日は、なのはな生協さん(https://nanohana-coop.net/)とのコラボ企画「おしゃべりカフェ」を開催しました!

 

食とくらしの安全にこだわり、国産の無農薬・減農薬のお野菜や食品添加物不使用の商品などを取り扱っている「なのはな生協」さん。「おしゃべりカフェ」は、そのこだわりの食材で作った美味しくて体に優しいランチを食べ、みんなで育児の悩みや最近気になることなどをおしゃべりしましょう!という企画です。

 

今日のお食事メニューが「子どもが喜ぶ野菜料理」ということで、前半のおしゃべりタイムでは皆さん「子どもが野菜を食べてくれなくて…」というお悩みがたくさん出ました。

また、「最近、兄弟(姉妹)ゲンカが多いのですが、どう対応したらいいのでしょうか?」というお悩みや、「夫が家事を全くしてくれない…」というお悩みも出ました汗

 

それぞれのお悩みに《ただ一つの正解》というものはないのですが、参加者の方々が自らの経験をお話ししてくれたりアドバイスしてくれたりして、私も「なるほど〜。そういう方法や考えもあるなぁ。」と思いながら聞いていました。

頑張っているママたちが悩みを一人で抱え込んでしまわないためにも、こんな風にみんなで話をする場はやはり大切だなと感じました。

 

そして、お待ちかねのお食事タイムです!

今回のメニューは

・大根ご飯

・ポトフ

・大根の唐揚げ

・ネギのペペロンチーノ チーズ焼き

・カスタードプリン

です。

(今回はいい写真が撮れなくて、すみません汗

 

上の写真にない「ネギのペペロンチーノ チーズ焼き」は…

「アツアツが美味しいから!」と、お食事を作ってくれたなのはな生協の野澤さんが、出来立てを皆さんに取り分けてくださいました。美味しいものを美味しいうちに味わっていただきたい、というお心遣いが嬉しいですね!

 

今回のメニューのテーマは「子どもが喜ぶ野菜料理」ということで、なのはな生協の野澤さんが、野菜が苦手なお子様も食べられるようにと工夫を凝らしたメニューを考えてくださいました!

 

まずは「大根ご飯」。大根を一緒に炊いたご飯は初めて食べましたが、小えびと油あげの風味が良く優しいお味でした。

そして「大根の唐揚げ」!これも初めて食べましたが、大根には鶏の唐揚げと同じように下味をつけてあるので、お子様も喜んで食べてくれていました!

(赤ちゃんもパクリ赤ちゃん)

 

さらに、「ポトフ」に入っている根菜の美味しいこと!冬の根菜(特にカブ!)の甘さを堪能できました。

甘いお野菜と言えば、「ネギのペペロンチーノ チーズ焼き」のネギも甘くて美味し〜い!生だと辛いネギが加熱するとこんなにも甘くなるなんて不思議ですよね。

なのはな生協さんのお野菜は無農薬・減農薬で安心というだけでなく、味が濃く生命力にあふれています!

 

それから、(写真を撮り忘れてしまったのですが汗)デザートの「カスタードプリン」も、実は凄いんです!!材料は「“非遺伝子組み換え飼料で育てた牛の生乳を低温殺菌した”牛乳」「国産卵」「砂糖」のみ。甘さも控えめでとっても滑らかな食感です。

「ネギのペペロンチーノ チーズ焼き」に使ったチーズもそうですが、なのはな生協さんの加工食品は添加物不使用のものがほとん

で、しかも、美味しい。本当におすすめです!!

 

今回も楽しく美味しく幸せな時間が流れていましたスマイル

 

参加してくださった皆さん、なのはな生協の野澤さん、鈴木さん、若草の頼れるお手伝いさん・大野さん、本当にありがとうございました!

 

次回開催は5月頃を予定しています。

詳細は決まり次第ブログにアップしますね。

こんな食材を使った料理を食べてみたい!とか、この商品が気になる!といったリクエストがある方はぜひ遠慮なくお知らせください!

 

◇お問い合わせ&お申込み◇


下記のアドレスまたは電話番号にご連絡下さい。
お申込みの際は、参加希望の講座名、お名前、ご連絡先を教えてください。

 

事務局イベント係
event@osan-kojo.com
043-239−6216

 

お待ちしてます笑顔

 

投稿者: andou | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |-
オーガズミックバース上映会に行ってきました

26日、オーガズミックバースの上映会にスタッフとして参加させていただきました。上映会は大盛況で、上映会のほかにも、簡単なヨガや、意見を共有する場面もあり、とても有意義な会になりました。上映会後、自宅出産と、ヒプノバースを体験した方のお話しを聞き、グループになって簡単に感想を話し合う会を行いました。私は、あるグループのお話しを少し聞いたのですが、ご自身のお産がイメージした物とは違っていたので、こんなお産があるとは知らなかった。や、これからご出産する妊婦さんは自分の希望をもっと言っていこうと思う。などなど、いろいろな意見が飛び交いました。その後、各グループで代表者がでて話し合いの内容を発表しました。個人的な感想としては、うーーーーーん。私が地域で開業してお仕事を始めたときから、現状はあまり変わっていないな。というのが感想でした。もちろん、そんなに早くに何か変えられることはないとしても、お産で辛い思いをした、又は迷っている女性たちを目の前にすると本当に胸が痛くなります。助産師がもっともっと頑張らなくてはならないのに!!!でも助産院さえも少なくなってきていて、いまや絶滅危惧種状態。その場にいるのが辛くなりましたが、また初心に戻って納得のいくいいお産を広めていかねばならないことをさらに強く感じました。今後は、草の根的な活動も含めて、じっくり、確実に、産む女性が望むお産について発信していきたいと考えました。

 

愛されるために産まれてきた。のDVD上映会も今後地道に開催できたらいいと考えています。お産の話しができる場所をもっと増やしたいです。ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。お待ちしております。

wakakusa@osan-kojo.com  助産師小林昌代

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: おたんこ助産婦 | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |-
オーバズミックバース上映会に行ってきます

明日、蘇我駅近くのコミュニティセンターで、オーバズミックバースの上映会が開催されます。それに伴い私もスタッフとしてお手伝いすることになっているので、鑑賞してきたいと思います。お産の映画はあまり見たことがないのですが、ヒプノバースを体験された方や、自宅出産や、施設での出産などなど、いろいろな人生があるようにお産も十人十色。取り上げる側ばかりの私ですが、違う立場から楽しんでみたいと思います。またご報告いたします。なお、上映会はもう満席のようですが、その後18時〜懇親会があるようです。ご興味のるかたは、ご連絡下さい。お待ちしております(^^)//

 

投稿者: おたんこ助産婦 | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |-
ふんパン納入してもらいました!

本日、ふんどしパンツ納入してもらいました(^^)//可愛い柄も入荷しております。小塩さん、いつもありがとうございます!今度はヒョウ柄か、ゼブラ柄頼んで子どもたちに着せようかな。快適ふんどしパンツ、かわいいので見に来てくださいね〜〜💛

 

 

投稿者: おたんこ助産婦 | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |-
産前産後支援者ネットワーク千葉 定例会を開催しました!

昨日、産前産後支援者ネットワーク千葉の定例会が開催されました。

内容は

➀エンゼルヘルパー事業所アンケートの調査結果と市議会質問と担当課の回答

千葉市議会の一般質問内容と担当課からの回答の報告をしました。今後は、活動に賛同してくださるという回答をして下さった事業所の方がたと交流会を開催できればいいのではないかという事になりました。もちろん、そうでない事業所の方にも声掛けをしていき、全体で、より良いサービスにしていくことを目標に活動を続けていくことを話ました。現在、エンゼルヘルパー事業所向けに行政がアンケート調査をしているようなので、その結果を踏まえ、事業所同士の意見交換会、交流会などの開催を予定していきます。


∋左絅吋∋業の調査結果と市議会質問と担当課の回答

産後ケア事業について、市議会での一般質問の内容と担当課からの回答の報告を行いました。ネットの話し合いでは、施設型の場合は経産婦は利用する人は少ないのではないか。初産の場合に利用が多いと考えられる。宿泊準備などは、産後にするのはつらいと思うので、お母さんと赤ちゃんが準備梨で来ても、宿泊できるようなサービスの提供が必要なのではないか。という話し合いになりました。経産婦に関しては宿泊となると他の家族の関係上むつかしい点があるので、産後ヘルパー派遣と出張による体調回復のケアなどが望まれているのではないか。今後、そのようなニーズの把握とニーズに応じた対応が必要。という話し合いになりました。

 

産前産後支援施設について具体的な話し合い

さいたまの和光助産院を目標に、行政の仕事も請け負いながら、地域のお母さん達が気軽によることができて、妊娠中〜切れ目ない支援ができる施設を目指す。そのためには、いろいろなイベントに参加して本当の意味での産前産後支援が広まるようにしていければいい。また、地域カフェなども開催して地域住民と次世代との交流も大事。という話し合いになりました。

 

 

い修梁

ホテル利用したデイケア体験等、産後ケア体験などのイベントも企画していったらどうか。という話も出ました。本当に必要なさんざん産後支援。広められたらいいです!

 

 

 

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |-