カレンダー
2020年04月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
プロフィール
リンク
お天気
携帯URL
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
若草助産院太腕繁盛記WHO「ポジティブな出産体験緒ための分娩期ケア」和訳できました(^^)/

2018年にWHO「ポジティブな出産体験のための出産ケアガイドライン」が出されました。和訳されておらず、探して、探して、やっと見つけたのがJICA保健医療タスクNL VO49でした。

https://www.jica.go.jp/activities/issues/health/ku57pq00000wwjhn-att/panf_hoken49.pdf

 

その後、筑波大学の方々が和訳した分娩期ケアが出されました。

file:///C:/Users/masayo-kobayashi/Desktop/WHOポジティブな出産体験のための出産ガイドラインについて.pdf

 

サブタイトルもとても素敵で「母子のより良い健康と幸せのためのケア変革」です。要約ですが、一部抜粋すると、「ポジティブな出産体験とは、女性がそれまで持っていた個人的、社会文化的信念や期待を満たしたり、あるいは超えたりするような体験です。臨床的にも心理的にも安全な環境で、付添人と、思いやりがあって技術的にすぐれた臨床スタッフから実際的で情緒的な支援を継続的に受けながら、健康な赤ちゃんを産むことを含みます。これは、ほとんどの女性は生理的な出産を望んでおり、意思決定に参加して個人的な達成感やコントロール感を得たいものだと、という前提に基づいています。たとえ医療介入が必要だったり、産婦が介入を望むような場合であっても同様です」

 

上の文章だけでもとても共感です。お産は単なる通過点でなく、個人にまつわるすべてに影響する体験であり、当事者主体でなくてはいけない。というガイドラインです。これには「ポジティブな出産体験緒ための分娩ケアについての推奨リスト」が掲載されており、・出産全期にわたって行われるケア・分娩第1期(陣痛開始〜子宮口がすべて開くまで)・分娩第2期(子宮口がすべて開いて〜赤ちゃんが娩出されるまで)・分娩第三期(赤ちゃんが産まれて〜胎盤が娩出されるまで)・産後早期の褥婦のケアのケアについて、推奨、推奨されない。に分けられています。中でも一番関心が高い項目は、分娩第1期(陣痛開始〜子宮口がすべて開くまで)のケアの

8.分娩第1期活動期に子宮口が少なくとも1時間に1センチの速さで開大すべきという基準は、産婦によっては非現実的な進行であり、正常な分娩進行の診断に用いることは推奨されない。子宮口が1時間に1センチよりゆっくりとした進行であるという理由だけで、慣例的に産科的介入を行うべきではない。

 

これは助産課程の学生さんに見せるととても驚きます。学生さんは分娩進行が正常に経過しているか判断するために以下のようなフリードマン曲線を使用します。この図の通りに進行していないと分娩の進行が正常ではないと判断しているのです。

 

 

 

WHOは、この図の通りに経過していないからと言って産科的介入を行うべきではない。と述べていることを学生さんは若草助産院の実習で初めて知ることにあるわけです。助産院での実習は病産院での実習とは少し違います。地域に根差す。退院後のお母さん達とのふれあい、保健センターなどの行政機関との連携などなど、、、学生になって最先端の西洋医学を学び、助産院ってどんなことしてるの??という感じの態度をとってくる助産師学生さんも少数派ながらいます。私は、助産院は、わりに自然派でアンチ病院、医療というちょっと変わった助産師が働いているところ。と学生さんたちに思われたくない。と常々思っています。きちんとしたエビデンスのもとに医療連携を取りながらお産にかかわっていて、医療的な能力はとても低いですが、私たちの範疇ではなくなりそうになったら、他の高次医療へ搬送などの処置をとって、連携していることは他の医療機関と何ら変わりはない。という事を学生さんたちにはお話ししています。

 

それにしても、正常をつかさどる助産師がを知らないのはさすがにどうなのかな。と感じてしまうので最近は、助産課程の先生たちに正常産のエビデンスを学生さんたちが知ってから実習にきてください。とお伝えするようにしています。

 

すべては、安全で安楽で変革をもたらす出産体験をするために、必要なことなのだと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 日記 | comments(0) | - |-
若草助産院太腕繁盛記ぁ礎楼茲任量魍筺

若草助産院太腕繁盛記第4回目です。先日の出来事を書きます!入院さんがいる午後、お風呂掃除をしていたら、お風呂の小さい窓から覗き込むようにして、「すみません〜〜ん!!男が女になるにはどうしたらいいですか?」という質問。ん??????急なことだったので浴槽をシャワーで流していた手を止めて、「なんですか?」と、聞き直すと、「男が女になるにはどうしたらいいですか?」と再度質問。ん〜〜〜〜〜〜・・・急なことで、いたずらかしら?と一瞬考えたのですが、「ホルモン療法か、性転換手術かな・・」と答えました。窓の外では、「性転換手術か・・・」とつぶやく声。。ちょっとびっくりして、「どうして助産院に来たの?」と聞くと、「助産院だからわかると思って。。」という元気な声。でも、でも、性転換手術にはハードルがあって、まずはホルモン療法から、、ホルモン療法もジェンダークリニックは県内では少なく・・・なんて、頭の中がグルグル。きちんとお伝えしなきゃという思いが出て、おもむろに「ちょっと待って!」と助産院のドアをグワッと開ける。私を見た彼はびっくりしてちょっとあとずさり。。。「はいったら?」と声かけましたが「いや。。この後、向こうに行く用事があって・・・」と、またあとずさり。。あ!(;-_-) ・・・私の圧が強すぎてる??・・少し冷静になって「じゃ、落ち着いたらまた来てね!」と話してドアを閉めました。

 

せっかく、勇気をもって聞いてくれたのに、あまりお役に立てなかった感満載で、大変申し訳なかった。。。

 

彼からしたら、お風呂の壁や、お風呂からのぞく窓の範囲の距離感がちょうどよかったのに、いきなり、そんな、ドアぐわッと開けて、中入って、なんて(^^;)何か注意されそうな勢いに感じたのかもしれません。。。。このようなことは医療者あるあるで、きちんと伝えなければ!!という、まあ、まじめと言えばそうなのですが、本人は現段階ではそこまで望んでないし、言う必要もない時に、こちら側にスイッチが入ってしまう。私のmustは彼のmustではないんですよね。もちろん、聞く気がなくても聞いてもらわないと、理解してもらわないといけない。と考える時はありますが、この場合、また次回ちょっと来られるような、そんなコミュニケーションがよかったはず。(ーー)あ〜〜〜〜何年この仕事してるんだろうね!!!と自責の念。私の友人がよく使う表現。。マッチョ思想。私はマッチョになりたいので、決して悪い意味ではありませんが、ある意味、威圧感と言いますか、そばにくるとおおおお!と感じてしまうという、なんとなく伝えたい雰囲気がよく伝わる表現なので、使っています。

 

以前、両国駅近くの病院で働いていた時に、偶然!曙関とエレベーターが一緒で、この時の威圧感といったら(^^;)嬉しいけど。。。ちょっと(^^;)という感覚、わかりますでしょうか?少し驚いている新人Nsの私に曙関は優しく接してくれました(^^)//

 

お相手の意図を汲み、察して、お話しできる医療者に早くなりたいです。育児は生もの!(看護も!)その時、その瞬間の言葉かけ、対応がとても大事です。まだまだ修行は続きますが、この地域に開業して、13年、お産以外でもそのような相談を受けられることにとても感謝しています。(十分な対応はできませんでしたが。。。。)地域に根付く何でも相談屋的な昔の産婆を目指して、ホームDrならぬ、ホーム助産師目指して頑張ろう!と決心した出来事でした。女性になったらきっとかわいらしい方になるだろうな・・と感じた彼が、また来てくれるといいです(^^)

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 日記 | comments(0) | - |-
若草助産院 太腕繁盛記〜助産院な1日〜!!

昨日はお産があり、朝ごはんつくりから!本日のメニューはキャベツの信田煮風、紫蘇の実梅酢納豆、こんにゃくとネギの甘味噌和え、雑穀ご飯、キャベツ、ネギ、わかめの味噌汁、元気ドリンク、みかんでした。産後養生して疲れを癒してもらいたいです(^^)

 

 

そして、今日は土曜外来の日でした。朝いちでお手当5回コースの方おいでになりました。本日、最後の日で、「だいぶ体調は良くなりました💛」とのこと。プレメンスsinや、妊娠しにくかったり、メンタル面が落ち込みやすかったり、、、いろいろな症状がありましたが、今ではすっかり元気になられて、毎日、スクワットや、腹筋までやっているそう(^^)スゴイ!!本日で、お手当5回コース終了ですが、あまり体調が落ち込むとまた上げるのに時間がかかりますので、体調悪いと感じたら、早めに来てくださいね。とお話ししました。毎月1回メンテナンスでお手当いらっしゃる方もいて、なんだかすこ〜〜〜しづつお手当が広まっているようで、嬉しい限りです(^^)//腹直筋のリリースが思いのほかうまくいている。。ような。。骨盤もシュッと整います(^^)//

 

外来2本目!予定日近い妊婦さんです。少し寝不足のようでしたが、前回のお産よりもずっと体調がいいようです。若草に受診した時よりも体は楽ですって(@0@)スゴイ!体つくりのたまものですね〜〜お産が楽しみです!

 

午後、産後ケア入院の準備。やはり・・和室と布団が気持ちが和らぎますね。ピンクの肌さわり抜群のパシーマのシーツがさらに体を癒してくれます。午後からいらっしゃるので赤ちゃんと会うのも楽しみです。本当は休日は産後入院の受け入れはできないのですが、本日は産後の入院の方がいらっしゃるので、来ていただけることになりました〜〜〜

 

 

事務作業して、産後の方のケアをして、入院さんをお待ちします(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 日記 | comments(0) | - |-
若草助産院太腕繁盛記!

たくさんの家族の愛情に包まれて産まれてきた赤ちゃんは、自分が大切な存在であることが分かります。自分が大切な存在であることを理解すると、他の人も大切な存在であると感じることができるようになると思っています。お産の現場でとても強く感じる事です。

若草助産院を開院するときに、生活クラブから支援金を頂きました。そのプレゼンにはたくさんの団体の方が来ていて、それぞれに自分の団体のアピールをします。そこで私が話したプレゼンの内容がふと思い出されました。少子化の昨今、こんなに大勢でお産を見守るなんて・・そんな光景に立ち会わせていただけることを本当に嬉しく存じます。

お母さんが夫さんの体にしがみついて、力いっぱいイキム!!頭が出てきて子どもたちに、頭出てきたよ!!こっちおいで〜〜って言いましたが、プル((,,´Θ`,,))プルと首を振って、兄弟姉妹で固まっていました(^^)ええええ〜〜〜!来ないの〜〜〜(^0^)って妙にハイテンションな取り上げ産婆。
たまに取り上げると、気持ちが上がってコントロールできない感じが、、、珍しく、自分で少し、困りました(^^;)たくさんのご家族に見守られたにぎやかなお産に、昔の産婆みたいで嬉しかったのだと思います。

予想だにしないお産の展開、見守る家族、かわいい赤ちゃん、ダイナミックな波のように降りかかる陣痛。。。込める力。。。すべてがお産の醍醐味で、生きるって産まれるってこういう事か?!と大げさながら感じる瞬間です💛

あ〜〜〜私、やっぱりお産好きだなあと初心に戻らせてもらったお産でした。まだまだ精進は続きますが、産婆道にまい進いたします!!

午後は、産後訪問、おっぱい直接吸えなかったですが、ケア後は無事吸えるようになりました。お兄ちゃんが帰宅して赤ちゃんの周りをぴょんぴょん(^^;)次男坊はそれでも安心しているかのように安らかに寝ておりました。おっぱい直接飲めてよかったです(^^)

ご安産を支えてくださっている皆々様に心より感謝です。ありがとうございました。

 

 

 

 

投稿者: おたんこ助産婦 | - | comments(0) | - |-
WHO女性の健康週間イベント!「ペリネケア講座」のご案内

WHO女性の健康週間イベント〜

「ペリネケア講座」

WHO女性の健康週間にともない、花見川区で活躍中のピラティストレーナーの原田祥子さんとのコラボイベントを開催します(^^)//

 

助産師による骨盤調整(10分程度)と、その前後に理学療法士による骨盤のゆがみを見る計測、その後にペリネに優しいエクササイズを行います。

骨盤の歪み、尿もれ、ガス漏れ、排尿間隔が近いなどは、骨盤の底を支えている筋肉(骨盤底筋群=ペリネ)の筋力がゆるくなって出てくる症状とも考えられています。この機会にぜひご自身の体について知ってみましょう。

 

計測と骨盤調整をお待ちの間にアンチエイジングの食事についてのお話しもします。計測会終了後はペリネに優しい簡単エクササイズも行います。ご興味のある方はお気軽にご参加ください。

 

日時 

202033日(火)13:30〜16:30

 

内容

●13:30〜14:30

骨盤調整(10分)+計測(調整前後に各1回ずつ計2回)

骨盤調整 助産師小林昌代

骨盤計測 理学療法士 井土麻子

 

健康講座「食と健康〜健康できれいになるアンチエイジングメニュー‘和食‘〜」

世界的に注目されている和食。健康できれいになって、アンチエイジングにも役立つ和食についてお話しします。*出入り自由

講師:NPOお産子育て向上委員会理事長・食養指導士 小林哲朗

 

●15:00〜16:00

ペリネケアエクササイズ

ピラティストレーナー 原田祥子

 

*骨盤調整+計測はセットになります。エクササイズと申込でも,どちらか1つでも

申込OKです。アンチエイジングな食事法講座は無料で、出入り自由です。計測、骨盤調整の合間でもお聞きできます。

お子様つれも大丈夫です。お気軽にご参加ください(^^)//

 

場所 幕張勤労市民プラザ http://chibaksp.jp/makuhari/

 

参加費 骨盤調整+計測1000円・エクササイズ 1000

アンチエイジングな食事法ミニ講座 無料

 

申込 shoukolivebeautiful@gmail.com  原田

 

主催 ペリネにやさしいまち千葉の会

投稿者: おたんこ助産婦 | - | comments(0) | - |-
千葉市子どもプラン(第2期)パブリックコメントにつて

千葉市ではこどもを産み育てたい、 こどもがここで育ちたいと 思うまち「ちば」の実現 のために千葉市子どもプランを策定しています。どういうものかと言うと、基本施策が1〜11項目あり、内容は、1.子ども・こそだて支援2.妊娠・出産・子育てまでの切れ目ない支援3.子どもの社会参画の推進などなど・・・11項目の基本施策それぞれに、目指すべき姿。や、主な取り組み内容が記載されています。https://www.city.chiba.jp/kodomomirai/kodomomirai/kikaku/documents/kodomoplan-gaiyoban.pdf

この施策は平成27年〜31年度までの5カ年にわたる施策で、期間が長いため、時代の流れに沿うように施策途中で、中間のパブコメを募集する。というものです。

 

その基本施策2妊娠・出産・子育てまでの切れ目ない支援という項目の中に、「産後の支援をより充実されるため、利用者のニーズに合わせ、利用時間の延長や、デイサービス型の導入など、利用しやすい仕組みを検討します。」という内容がありました。千葉市の産後ケア事業は2017年7月から開始され、2年半が経過しています。平成30年には利用者アンケートもされており、デイサービスの需要があるということもわかっています。2人目の出産の場合は、上の子と産後ケア入院ができない方も多くデイケアの要望は高いものがあるのだと思います。やはり、体をやすめる、という点からは、訪問型よりも、デイや宿泊などの施設型の方がいいのではないかと私も思います。以前、NPOで政令指定都市で行われている産後ケアサービスの調査を行った結果を以下に示すと、政令指定都市14都市では、訪問型は15%しか行われていません。

 

身体を休める。という観点から言えば当然のことでしょう。なぜ、千葉市は訪問型の産後ケアにこんなに力を注いだのかはいまだはっきりした答えはわかりませんが、他市の状況を見ても、産後ケアデイサービス型が早く開始してもらいたい!と思う市民の方は、多いのではないかと思います。デイサービス以外にも事業所で現場で働くものとして思うところを意見書いてみました。

 

●第2子目の出産で、第1子がいる場合、第1子も宿泊できる施設型がないため、施設型の利用ができない

●デイサービスのニーズが、産後ケアに関する利用者のアンケート調査で高かったようなのでデイサービスの開始をしてほしい

●施設型の1泊2日(2日分)ではなく、1日分をデイサービスの補助として使えるなど柔軟な対応ができたらいいと思います。

●夫のいる日曜、祝日に上の子を預けて産後ケアを利用したいと要望があったが、休日料金を本人負担での加算ができないと行政の担当者から言われ、宿泊を断った経緯がある。スタッフには休日は加算して給与として支払いをしているので、利用者が本人負担で了解を得られたら休日加算できたら宿泊を受け入れられるので、休日加算の本人負担を可能にしてほしい。

 

千葉市の産後ケアは、とてもいいサービスです。より多くの市民の皆様に、平等にサービスが届くように望みます。皆様のパブコメ以外でも、気が付いたことがあればぜひ、担当課「保健福祉局健康部健康支援課母子保健班」に笋mailしてみてください。

 

保健福祉局健康部健康支援課 shien.HWH@city.chiba.lg.jp

母子保健班 043−238−9925

 

 

 

 

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 活動報告 | comments(0) | - |-
産後ケア入院の一日

月曜日から産後ケア入院している方がいらっしゃいます。若草でご出産された方ですが、退院後、若草に産後ケア入院をされました。産後10日たらずですが、お産後+5日間でとても元気になりました。以前にもそのような方がいましたが、この5日間がとっても体を回復させるようです。おっぱいが張ったり、乳首が痛くなったり、、、そんなちょっとしたこともすぐにご相談頂き、対応できるので心配なく、楽しく、のんびりしました。という嬉しいお言葉でした。私たちもお産の入院後、見違えるように回復するお母さんを見て本当に嬉しい気持ちになります。すべてのお母さんがこのような産後の回復をしてもらえたらと思います。産後は、陣痛で体力を奪われ、お産で出血もして、骨盤もゆがみ、母乳育児でさらに血を消費しています。普段、私たちが風邪をひいて体調が一時的に悪くなってちょっと休むとはわけが違います。産後の養生は、体力回復、血と気の消耗を補い、さらに体の歪みを戻す期間です。ただ寝ていればいいというのではなく、体調を戻すためのケアが必要です。それは、東洋医学や自然療法、エネルギーワークを使っていろいろな方法で行います。体の気が回復するように、食事、お手当、体の痛みなどに細かくお世話していくのが助産師流の産後ケアです。傷やお尻が痛かればよもぎ蒸しで傷を癒します。乳首の傷も同じです。よもぎの力はすごくて、乳首の傷などにはとてもよい効果を表します。肩、腰、恥骨が痛かればイトオテルミー療法や、エネルギーワークでなどのお手当で骨盤調整を毎日します。授乳姿勢やおっぱいの状態、飲ませ方、乳首の含ませ方など細かくみてお母さんと赤ちゃんがリズムよく授乳できるようにお手伝いしていきます。食事もこだわりで調味料は無添加、季節の物を使って昆布とシイタケのだし汁で野菜たっぷりのメニューで消化がよく、体が疲れないように配慮したお食事です。フランス料理や、ホテルのようなアメニティーはありませんが、産後のお母さんがいち早く元気になるように考えた入院メニューになっています。病院や診療所さんとはちょっと違った助産師ならではのケアでおもてなししています。以下、参考写真もありますが、若草助産院の産後ケア入院の一日をご紹介していきます(^^)

 

毎日のお手当で産後の体の痛みを和らげます。骨盤調整中です!

 

お母さん達は、夜は薄暗いお部屋でリラックス。

 

 

添え乳も上手にできています

 

ご飯も季節の野菜で色とりどり(*^0^*)

 

 

 

赤ちゃん沐浴

 

 

お母さんも入浴🛁元気いっぱいですね(^^)

 

お母さんが元気になるために、赤ちゃんのお世話が安心してできるように、私たちはいつでもおそばにいます。お気軽にお声掛けください。お待ちしております(^^)//

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 活動報告 | comments(0) | - |-
簡単!味噌つくりの会(^^)/*

添加物の入っていない、美味しい手作り味噌を家庭の味にしませんか。大豆を潰し、麹と塩を混ぜるだけの簡単作業ですが、皆でおしゃべりしながらやればとっても楽しい!味噌を仕込んだ後は、ご飯と昨年作った味噌で味噌汁を作って食べます。お子さん連れでも大丈夫ですので奮ってご参加ください。

■日時:2月18日(火)10:30〜13:00
■場所:千葉市宮崎公民館
■費用:2,200円(味噌約2kg、昼食付)
■定員:9 名(要予約・先着順)
■持物:エプロン、三角巾、手拭き、持ち帰り用の容器

■申込:info@osan-kojo.com

 

*手つくりの味噌はその家の常在菌も入り、一家のオリジナルになるそうです。本当に麹が生きている味噌は体がとても温まります。

最新マシーンで手早く作れるそう(*0*)ご興味のある方はぜひご参加ください。お待ちしております!

投稿者: おたんこ助産婦 | イベント案内 | comments(0) | - |-
助産院見学会のお知らせ

若草助産院見学会を開催します。

助産院での出産を検討されている方のために、助産院の見学会を開いています。
施設を見学しながら助産院の特徴や方針、病院との連携についてなどをご説明し、参加された方の質問にお答えいたします。
※要予約 電話またはメールにてお申込み下さい。

電話043−222−4103 mail wakakusa@osan-kojo.com
日  時 2月8日(土曜日) 11:30〜 12:30
場  所 若草助産院
対  象 助産院での出産を検討されている、妊娠中または今後出産予定の方とその家族
参加費 一組 500円

投稿者: おたんこ助産婦 | お知らせ | comments(0) | - |-
若草太腕繁盛記!

助産院では、陣痛が来る前に破水をしてしまうと、赤ちゃんへ感染しないように、24時間様子を見て産まれなければ病院へ転院となります。破水して、陣痛がない・・・というのは本当に助産院泣かせなお産です。なんとかして産んでいただきたい!!!そんな思いで24時間の戦いが始まります。どんなにご安産な体質の方でも、陣痛が来なければ赤ちゃんは産まれてきてくれません。どうにか、陣痛が来るように、いろいろ仕掛けていきます。仕掛けるといっても自然療法でしかないのですが、満潮の時間、どうしたらお産が進むタイプなのか、何が原因で陣痛がやって来ないのか。。。などなど、産婆たちはすっご〜〜〜〜〜〜くかんがえます。はじめてのおさんの場合、タイムリミットは24時間で、それまでにご出産いただくのは至難の業です。子宮口が少しでも開いていればいいのですが、陣痛もなし!子宮口も閉鎖!なんて産婆的には、泣き(´;ω;`)の状態の時もあるからです。でも、若草産婆たちはあきらめません。時間をちらちら見ながら。。。今は、休む時だな!ここで動こう!独りになった方がいい!座ってみる!たち膝で過ごす!バランスボール!などなど、一見和やかにお産を見守っていますが、頭の中はフル稼働。

 破水が先のお産の場合、一応病院へ連絡します。もし、産まれなかったら明日、何時ごろご連絡した方がいいですか?とその日の担当医師と話し、「陣痛は来ていますか?」「はい、少し来ています」「じゃあ、だいじょうぶですね」という医師からのエールに「はい!産んでいただきます」という答えにははっ!とお互いに笑い( ´艸`)産んでもらいたいという若草産婆の思いをやさしく汲んでもらいました。

 体つくりは良くても、妊娠する前からは変えられません。妊娠中仕事が忙しく、体調が落ち込んだり、体つくりがうまくいかなかったりすることがお産に大きな影響を与えることもあると私たちは考えています。若草で培った経験総出で臨むお産。。。本当はもっとゆっくり、と思うところですが、そうもいかず、、、最近は破水してご出産にならず、転院になった方はいません。破水からのお産も前よりははるかに減ってきました。ですが、やはり絶対はなく、そんなときはとにかく、若草で赤ちゃんが産まれてくれるのを願って頑張ります。破水からお産にならないように。。。まだまだ修行は続きます・・・

 

投稿者: おたんこ助産婦 | 日記 | comments(0) | - |-